アドセンス

ads.txtファイル問題解決【エックスサーバー】警告を消すのは超簡単

グーグルアドセンスの管理画面に出てくる警告文

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください

アドセンス運営をしていてペナルティとかこういう警告は、心臓を鷲掴みにされたような恐怖を感じます。

ところがこの「ads.txt」の警告に関して調査したところ、心配するようなものでもなかったし、何より簡単なステップで解決することができました。

ちなみにads.txt=アズテキストというんですね。私は勝手にエイズテキストと頭の中で読んでいました。

今回は、ads.txtの問題解決(警告を消す)をわかりやすく説明します。

エックスサーバーを使っている方は、この記事通りに進めれば「え?これだけ?」というレベルで解決しますよ。

ads.txt問題は解消する必要があるのか?

警告は出ても、解消は必須ではない

結論からいうと、アドセンス管理画面にads.txtの警告が出ても、現時点では放って置いても問題ありません。

私も数ヶ月間放置していましたが問題は起きていないし、そもそもGoogleは推奨しているだけで必須ではないんです。

・・警告文からそうは感じませんけどね。

ads.txtとはそもそも何?

広告の収益が不正に搾取されるのを防ぐ仕組み

世の中には悪い人がいて、広告を掲載していないのに、あたかも「広告を掲載して利益を上げてますよ~」と詐欺を働く事例が後を絶たないようです。

なりすまし広告詐欺 といったところでしょうか。

こうした問題に対し、ads.txtを設定することで、「当サイトはads.txtを設置している正規のサイトです」と明確にすることができ、不正が合った場合にIDの不一致などから広告主が悪質な第三者を見抜ける。

という優れものなんですね。

目に見える効果はわからなくとも、やっておいた方がよさそうだ!というのはわかりますよね。

では早速解決していきましょう。

ads.txtの警告を消す手順

  1. ads.txtのダウンロード
  2. エックスサーバーへアクセス
  3. ドメインを指定
  4. ads.txtをアップロード

おわり

小難しい文字を入力する必要もないし、マウス操作だけでほぼ終わってしまいます。

今回はエックスサーバー編なのでエックスサーバー利用者はぜひ手順どおり進めてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ads.txtのダウンロード

※クリックで拡大

  • アドセンス管理画面へアクセス
  • 警告文の「今すぐ修正」をクリック
  • ダウンロードをクリック

ads.txtの保存

ダウンロードをクリックすると、画面左下にテキストがダウンロードされます。

↑テキストを開くと、こんな文字列が表示されています。

赤枠のpub-〇〇〇〇 この部分が人によって違う番号になります

ちなみに、この番号はアドセンス管理画面の「アカウント」情報から確認ができますが、特に確認することもないでしょう。

テキストの保存手順

  • 左上の「ファイル」をクリック
  • 名前をつけて保存
  • ファイル名は ads
  • ファイルの種類は .txt
  • 文字コード UTF-8

下の画像のとおりにして、デスクトップに保存しましょう。(どこでもいいですがわかりやすいところで)

エックスサーバーのファイルマネージャーへ設置

テキストを保存したら次は、ads.txtをエックスサーバーに設定していきます。

簡単なのでのんびり行きましょう

エックスサーバーログイン

  • 画面右上のログインにカーソルを合わせる
  • ファイルマネージャーをクリック
  • FTPユーザーIDを入力
  • FTPパスワードを入力

これは、登録時の会員IDではなく、サーバーIDのほうです。

ads.txtを設定するブログを選択する

今回、ads.txtを設定するサイトやブログを選びます。

複数運営されている場合、ひとつずつ同じ手順を行えばOKです。

  • ads.txtテキストを設置するドメインをダブルクリック(もちろんあなたの)

public_htmlファイルをクリック

  • public_html ファイルをダブルクリック

ads.txtをアップロードする

ここにads.txtをアップロードします。

さきほどデスクトップに保存したテキストをアップロードするだけです。

  • 画面右側のファイルを選択をクリック
  • デスクトップ(保存先)の ads.txtファイル を選択
  • アップロード をクリック

はい、ご苦労さまでした。

これだけで完了です。ね?とても簡単だったでしょう。

あとは確認をしていきます。

私は一部失敗をしていましたのでそちらもご紹介しますね。

ads.txtのアップロード確認

  • ads.txt が表示されていることを確認

→表示されていたら実際に確認します。

ads.txtのアップロード結果確認手順

  • 確認するブログドメインに ads.txt を追記する

検索でブログドメインの終わりに ads.txtと入力します

これで検索をしてみると

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

真っ白なページに、ads.txtの文字が表示されればOKです。

私の失敗談

  • アップロードを完了した
  • サイトドメインにads.txtと追記して検索
  • →「お探しの記事はみつかりません

わたしは複数のサイト(ブログ)を一気に設定したのですが、その中でひとつだけ「お探しの記事はみつかりません」と表示されてしまいました。

これではアップロードできていません。

理由:ads.txt という名前が間違っていた

最初に、テキストをダウンロードして保存するときに、

ファイル名:ads

でよかったものを

ファイル名:ads.txt

と入力して保存していました。

すると、アップロードしたときに、 ads.txt.txt という表記になってしまうのですね。凡ミスです。

名前の変更方法

テキスト名を間違えてしまっても、安心してください。

エックスサーバーで簡単に直せます。

(私は直したにも関わらず ads.txt. ←終わりにドットがひとつ多いミス )もあり一瞬原因がわからず苦戦してしまいました・・

まずは、修正したいものにチェックをいれます。

今回はads.txtしか触っていないはずなので、ads.txtの横にチェックをいれます。

画面右側に「ファイル名の変更」というボタンがあるので、そこをクリックすれば簡単に名前を修正できます。

わたしみたいな凡ミスする人はいないかもしれませんが、アップロード後に確認したら「お探しの記事がみつかりません」と出てきた場合は、名前が正しいかチェックをしてみましょう!

グーグルアドセンスの管理画面の警告は、時間が経ってから表示されなくなるので、焦らず待っていればOKです。

お疲れ様でした!

グーグルアドセンスポリシーは熟知していますか?

この機会に極めて重要なアドセンスポリシーをおさらいしておきましょう

→Googleアドセンスの禁止事項【基本編】記事内容とポリシー違反回避

ads.txtのファイル問題解決【今回のおさらい】

  1. ads.txtの問題は修正必須ではないが簡単なのでやるべき
  2. ads.txtを設定すれば不正な広告詐欺を回避できる
  3. ads.txtはダウンロードしたものをサーバーにアップロードするだけ
  4. ※思っているより簡単です

ご苦労さまでした!

グーグルアドセンスの管理画面に表示される文章は、妙に固い文章で書いてありわかりにくいこともありますよね。

ところがいざ実践してみると、とっても簡単にads.txtの問題が解決できましたね。

ひとつひとつ進めていき、今後もアドセンスライフを楽しみましょう!

以上、ads.txtファイル問題解決【エックスサーバー】警告を消すのは簡単でした。