アドセンス

Googleアドセンスの禁止事項【基本編】記事内容とポリシー違反回避

アドセンスポリシー違反

ネットビジネスでもリアルなビジネスでも、必ずルールが存在します。

これは起業する方に限らず、サラリーマンでは会社に勤めていれば「社内規定」や「就業規則」が存在します。

今回はブログ運営上のルールである、「グーグルアドセンスポリシー」についてわかりやすくご説明します。

Googleの元でブログを運営し、アドセンス広告やアフィリエイトを行う上で、ルールが守れなければ、最悪の場合アカウント停止「通称:垢BAN」が待っています。

せっかく書いた大切な記事を後から見直すことは大変。

ブログを初める段階から、ここはしっかりと頭に入れて収益化していきましょう。

記事後半には、私が実際に受けたポリシー違反の内容も記載しています。

アドセンスポリシー違反【簡単動画解説】

AdSenseプログラムポリシー

Googleはいつでもアカウントを停止できる

恐怖を覚えるこの文言ですが、実際に公式に堂々と書かれています。

私達すべてのサイト運営者はプログラムポリシーに準じたサイトを運営することを心掛けなければなりませんね。

万が一アカウントが無効になれば、その後アドセンスを使うことはできなくなり、ブログ運営は絶望的です。

ユーチューバーで人気を博したラファエルや、レペゼン地球も過去にアカウント停止処分を受けています。フォロワーが数100万人いようが、収益が何千万超えていようが、プログラムポリシーに違反したらGoogleの支配下で生きてはいけません。

アドセンスの禁止事項【基本の考え方】

子供にも安心して見せられるコンテンツか?

以下のプログラムポリシーをよく読めば、この意味が理解できると思います。

Googleはブログに、秀逸で芸術的、誰もが惹かれるような素晴らしいコンテンツを求めているわけではありません。

大切なのは、誰もが安心して閲覧できるサイトであることです。

こう言うとハードルが一気に下がると思いますが、知らず知らずのうちに重大なペナルティを犯していたなんてことがないように、すべての項目に目を通しましょう。

アドセンス禁止事項【記事内容以外】

アドセンスプログラムポリシーを理解するには、大きく分けて2項目に分けるとわかりやすいです。

  • 記事内容以外のルール
  • 記事内容に関わるルール

それでは順を追って、「記事内容以外のルール」から見ていきます。

無効クリックとインプレッション

  • 絶対に広告を自分でクリックしない
  • 手動や作為的にクリックを増やさない

「クリック型広告」と聞いたときに、自分でたくさんクリックすれば儲かるな。と考える人は少なくないと思います。

だって誰が広告をクリックしているかなんてわかるはずもなく。

しかしこの考えは絶対にいけません。

Googleが提供しているアドセンス広告は、本当に興味を持ったユーザーが任意でクリックすることに価値があるとしています。

クリック型広告は単に私達が、稼ぐための広告という認識ではいけないわけです。

二番目の作為的にクリックを増やさない・・これは故意に行う人以外いないはずですが、自分自身でクリックしてはいけない事は忘れずにいましょう。

クリックや表示を促す

  • クリックしてね!と促してはいけない

おなじみのYou Tubeでは、「チャンネル登録してね!」や、「グッドボタンよろしく!」が当たり前になっています。

またブログ村などのサービスを利用している人は、ブログの最後に「ポチッと押してください」などと書いた記事をよく見ると思います。

しかしアドセンス広告でこれをやるのはNGです。

あくまでもユーザー自身が、任意に広告を見たい、だからクリックしようとならなけばなりません。

トラフィックソース

  • 特定のトラフィックソースがあるページに広告は出せない

普通にブログを運営していればまず問題ないと思いますが、

有償のクリックプログラムに参加したり、不特定多数に迷惑メールを送信してそこで広告をクリックさせることを意味します。

あくまでもユーザーの為に「記事」があり、その一部にアドセンス広告を貼るという位置ずけでないといけません。

「クリック!押せ押せ押せ~~!」的な考えは絶対に捨てましょう。

不正なコンテンツ

ここまでのポリシーを読んだだけでも広告がどのような存在であるべきかは理解できますよね。

不正なコンテンツで示す以下の内容も、基本的にはユーザーの誤クリックにより広告が表示される案件となります。

非常にわかりやすいのがアダルト動画サイトなどですね。見たくもない広告と誤クリック、例えはイマイチですが想像に容易いでしょう。

偽のメッセージ

→警告や通知に似せた広告を掲載すること

「何このメッセージ、ポチっ、あっ!広告だ!」これはアウトです。

予期せぬクリック

普通はクリックしないとこでクリックしたら広告が開くように仕組むこと。

クリック誘導に手を込めてはいけません。

誤解を招く動作

再生ボタン、次へボタンなどに広告を仕込むこと

ブラウザ履歴の操作

戻るボタンの機能を無効化して、ブラウザの履歴にページを追加するなど。

悪意がなければこんな事はしませんよね?

ソーシャルエンジニアリング

個人情報を盗む、ユーザーを騙して個人情報を提供させる。

もはやここまで来たらアドセンス云々の問題ではない。

自動リダイレクト

ユーザーの操作ではなく自動でページがリダイレクトする

→アダルトサイト御用達の手法ですね

マウスポインタ

移動やクリックのマウスポインタに似ている広告、ユーザーが騙されるようなもの

不正・不要なソフトウェア

不正なソフトウェアを斡旋するよなリンクやコンテンツ

基本的には「ユーザーファースト」の考え

広告をクリックさせるためにブログや記事があるわけではありません。

あくまでも広告はユーザーの意思でクリックしてもらうことが大前提です。

クリック型広告=数を稼ごう なんて考えは絶対に禁止。

アドセンス禁止事項【記事内容】

クリック型広告を意図的にクリックさせてはいけない

これは理解できた、更に自分でもクリックしないように気をつけること。

これからネットビジネスを始めよう、ブログで収益化しようとしているあなたは、何も危険な手段で稼ごうとしているわけではないはず。

正しいやり方でしっかりとしたお金を稼ぐ為には、上記を守る以外に、「記事の内容」にも注意が必要です。

「そんなに変な記事は書かないし!」と思っていても、思わぬ言葉や言い回しが、禁止事項に抵触してしまうとも限らない。

ここではGoogleのコンテンツポリシーを頭に入れて、安全に稼げるブログを構築する基本を覚えておきましょう。

コンテンツポリシー

コンテンツポリシーとは、記事の内容です

これがブログで記事をWEB上に公開する者として、絶対に覚えておかなければならないものです。

早速いきましょう。

ちなみにコンテンツポリシーですが、

  1. Google サイト運営者向けポリシー
  2. Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項

に分類されます(2019年9月から明確に区分された)

簡単に説明しますと、

  1. 絶対に広告は禁止、アカウント停止などの措置します
  2. 広告配置してもいいが、広告が出ないか、収益化できない可能性あり

というものです、また2番に関しては、広告主の判断によるものとも記載されています。

優しく噛み砕いて言えば、詰まるところアドセンスとしては①も②もコンテンツとしてはふさわしくないと言っているものであり、危険な橋を渡らずに、これらに該当するコンテンツは避けるべきです。

Google サイト運営者向けポリシー

違法なコンテンツ

これは当たり前ですが、広告主が違法なサイトや記事に商品やサービスの広告を出したいわけがありません。

知的財産権の侵害

他者の著作権を侵害するようなコンテンツはもちろんNG。

ブログで言えば、他サイトの記事をコピペしたり、著作権のある文章や写真、イラスト、作品全般を引用ではなく、無断で使用することがこれにあたります。

また偽物の販売を斡旋したり、本物と見分けがつかないような偽物を扱うことも禁止です。

絶滅危惧種

絶滅危惧種から作られた製品の販売

危険または抽象的なコンテンツ

人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて個人または集団の排斥を促し、差別を助長し、誹謗しているコンテンツ

上記はアドセンスプログラムポリシの一部ですが、

他者を貶めるようなもの、誹謗中傷や攻撃的なコンテンツは禁止です。

不正行為を助長する行為やサービス

パスポートや卒業証書の偽造など不正を斡旋するようなコンテンツ。

また、ハッキング、ウェブサイトの改ざんなどの方法や手順をユーザーに提供するようなコンテンツ。

不適切な表示に関連するコンテンツ

虚偽、不正、誇大広告によってコンテンツ、商品、サービスを宣伝している

アドセンスポリシーでは「一攫千金」などと書かれていますが、例えばFXや投資関連のブログで、「一攫千金できるよ!」などという書き方も禁止ととれます。

個人の主観でそう感じても、誇大広告と見なされればNGです。

悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア

パソコン、デバイス、ネットワークへの損害や不正アクセスを引き起こす恐れのある不正なソフトウェアコンテンツ

露骨な性的描写を含むコンテンツ

性的なテキスト、画像、音声、動画、ゲームを含むコンテンツ

※私の経験上、Googleはアダルトに対して最も厳しく取締をしていると思っています。なかには「これでアダルト?性的?」と思うものでさえ警告が入ることも。

性的な描写はアドセンスブログでは絶対にNGです。

国際結婚の斡旋

外国人との結婚を助長するもの。

国際的な考えなのか?理由は定かではありませんがこれもNG。

家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ

キッズ向けに見せかけているのに性的な表現がある。

児童の性的虐待や小児性愛に関するコンテンツ

性的表現に厳しいGoogleです、当然未成年に対する性的保護には重きを置いています。

やはり「子供でも安心して見られるコンテンツ」という考えは重要ですね。

Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項

こちらは、アドセンスコードを配置することは可能(広告を出せる)ですが、すべて広告が表示されるわけではないというもの。

上記の言葉から「違反ではないならばいいのか」と判断せずに、あくまでもポリシー違反になりえる可能性があるものと認識しておいた方が良いです。

以下は、Google サイト運営者向けポリシーに出てきていない項目。

性的な表現、暴力的で攻撃的、残虐な表現などはもちろんこちらにも含まれますが、重複するので除外してあります。

爆発物に関するコンテンツ

爆発など人に危害を与える危険物を販売・斡旋するコンテンツ

爆弾の作り方、また爆竹などの販売もNG

銃や銃の部品と関連商品に関するコンテンツ

銃に該当するものを販売促進するコンテンツ。

スポーツに使用されるものでも、誤用で危険性があるものはNG、さらに本物と見分けがつかない、3Dプリンターで作られたものもダメです。

タバコに関するコンテンツ

タバコや葉巻の宣伝記事はNGです。

危険ドラッグに関するコンテンツ

これは言わずとも理解できますね、大麻やコカインなど危険ドラッグ関連に広告を出したい企業がいるわけがありません。

アルコールの販売や乱用に関するコンテンツ

アルコールの販売を促進すると見なされる記事はNGです。

「お酒」「アルコール」というキーワードを使ってはいけないわけではなく、あくまでも販売促進をしていなければ問題ありません。

また販売促進をしていなくても、一気飲みや暴飲を推奨するようなコンテンツはいけません。

オンライン ギャンブルに関するコンテンツ

: オンラインのカジノやブックメーカー、オンラインの宝くじやスクラッチ カードの販売、オンライン スポーツくじ、オンライン ギャンブルのページを宣伝する情報集約サイトやアフィリエイト サイト

違法賭博が禁止なのはもちろんですが、オンライン宝くじやスクラッチカードを宣伝する記事もNGです。

処方薬に関するコンテンツ

処方箋、オンライン薬局など

未承認の医薬品やサプリメントに関するコンテンツ

→禁止リスト

未承認の医薬品などの宣伝コンテンツ。

上記の禁止リストは全て網羅しているわけではないとの記載もあります。

ただ、Googleが人々の生活を脅かすようなサイトは厳しく取り締まっている背景から、こうしたコンテンツがNGなのはわかりますよね。

Google Play ストアから削除されたアプリ

文字通りです。

アプリをおすすめする場合、こうした削除アプリをうっかり宣伝していないか更新情報も随時チェックする必要があります。

——————————–

以上が、ブログを運営するにあたり最低限覚えておかなければならない「グーグルアドセンスポリシー」です。

まだまだ細かい規定はたくさんありますが、基本的に上記を守って運営していれば、大きな問題は起きずにアドセンスで収益化は可能です。

→すべてのGoogleプログラムポリシー(公式)はこちら

私の体験【アドセンスポリシー違反】

ページ単位の違反措置

私は過去に2回、運営しているブログで、Googleから違反レポートの知らせを受けたことがあります。

幸い、一発アカウント停止ではなく、ページ単位で違反があるというものでした。

ページ単位で違反があると、その旨を記載したメールが登録アドレスに届きます。

このメールを開いたときは、心臓が止まる思いです・・

数万円から数十万円の利益が吹っ飛ぶ危険性があるわけですからね。

ただし、ページ単位の違反措置であれば、

  • 該当コンテンツを削除する
  • ページの広告を削除する

このどちらかを行い、再審査リクエストを申し込めばOKです。

違反レポートの内容

私が違反と指摘された2記事はどちらも「アダルトコンテンツ」でした。

しかし、アダルトサイトを運営しているわけもなく、「え?これでアダルトなの?」という内容です。

具体的には、

ある人物が性同一性障害であること。

そしてその方の恋愛対象は男なのか?女性なのか?

という内容が記事の一部に書いてあったものです。

当然、リアルな描写は皆無で、最初私はなぜこの記事が違反なのかもわからなかったくらいです。

結果、上の2行に該当する文章を削除して、再リクエストしたところ、

「違反コンテンツはありません」と、わずか半日程度で返答が来て安心したのを覚えています。

もうひとつの記事も似たようなもので、明らかなアダルト記事ではなく、一部の文章がもしかしたらアダルトを連想させるものという程度です。

このことから

Googleはアダルトコンテンツには特に厳しい視点を持っている

私はそう認識しています。

本記事の冒頭に書いた「子供に安心して見せられるコンテンツ」ということを意識すれば、納得の行く警告だったのかもしれません。

あなたのブログも、気づかずうちにそのような表現や文章がないかを注意してみましょう。

グーグルアドセンスの禁止事項【今回のおさらい】

  1. グーグルアドセンスポリシーはブログ立ち上げ初期に理解すること
  2. グーグルアドセンスポリシー違反はアカウント停止の可能性あり
  3. アカウント停止によりAdSenseプログラムは使用不可となる
  4. 記事内容以外に関わるルールと、記事内容に対するルールがある
  5. Google サイト運営者向けポリシーと、Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項の2つに区分される(2019年9月~)
  6. サイト運営者向けポリシーはアカウント停止の可能性がある
  7. 記事内容はコンテンツポリシーを遵守したものにする

子供でも安心して読めるコンテンツ(記事)にする

何度も書きますが、アドセンスポリシーを一字一句読むのも良いですが、子供でも安心して読めるコンテンツになっていれば、Googleから違反警告を受けたり、ペナルティを受ける確率はグッとさがります。

ネットビジネスを通じて、いつまでも安定した収益化を目指すためにも、きちんと最低限のルールを把握しておきましょう。