ワードプレス

BackWPupエラー!回数が多すぎますを解決|原因はDropbox

朝起きて何気なく確認したGmailのフォルダに見慣れないメッセージが。

ワードプレスのBackWPupからエラーのお知らせ。

バックアップ取れませんでしたよ!ってこと?

迷宮は入り勘弁してくださいっ

ワードプレス関連でエラーくると迷宮入りすることも多くてほんと嫌になりますよね。

今回はBackWPupの回数が多すぎます問題調べた結果、ネットよりもTwitterで解決に繋がる解決策が見つかったので、

同じ境遇の方の手助けになれば何よりです。

わたしの今回のエラー環境ですが、エックスサーバーを使用していて、エラーはファイルバックアップ時に起きていました。

先週までは普通にできていたのになんで?

しっかり解決しておきましょう。

BackWPupエラーメールが届く

※クリックで拡大

今回Gmailに届いたBackWPupエラーの画像がこちらになります。

ちょっと画像見にくいですがクリックと拡大してもらえればあなたのエラーメッセージと同じかもしれません。

エラー内容を見てみると

  • エラー:ステップを中止:回数が多すぎます
  • エラー:ジョブは37秒でエラー終了しました。エラーを解決する必要があります。

こんなエラーメッセージが表示されていました。

はいこの時点ではなんのことやらはっきり掴めません。

メッセージには「エラーを解決する必要があります」・・

TOYODA
TOYODA
それは当たりまえだから解決策をサポートしてくださいよ涙

BackWPupエラーをログで確認

  1. ワードプレスのダッシュボード
  2. 下の方にBackWPupがある
  3. ログを押す
  4. エラーが確認できる

今回エラーとなっていたのはファイルバックアップが途中でできなくなっていたようです。

もちろんこのままでは次回のスケジュールもバックアップできない。

もしかしたらと手動で実行↓

もちろん同じエラーが発生しました。

そこでネットで「BackWPup エラー 回数が多すぎ」などで検索して解決したページをひとつひとつチェックします。

※いろいろな情報が出ていましたが、わたしと同じであればチェックする項目も少なくてすみます。

BackWPupエラー情報をひとつひとつ確認

サーバーのPHP?

グーグルの検索結果で一番多かったのがPHPの更新で解決したというのも。

ロリポップやエックスサーバーなど使っているサーバーはいろいろだと思いますが、私はエックスサーバーだったのでバージョンを確認してみます。

  1. エックスサーバーにログイン
  2. サーバーパネルを開く
  3. 中央下のほうに「PHP Ver.切替」がある
  4. 対象のドメインを選択
  5. 現在のPHPバージョンがわかります

ここで確認するべきなのは最新バージョンもしくは推奨バージョンになっているか?

エラーが解決した人はたいてい古いバージョンになっていて更新したら解決したよ!というもの。

ですが残念ながら私は最新の推奨バージョンになっていたのでここではないなと確認のみで終了。

※ここで解決できればよかったんですけどね・・

BackWPupのバージョン?

以外と忘れているBackWPupの更新

ワードプレスのプラグインは毎日のようになにかしら更新されているのでイチイチ更新やっていないんですよね。

今回エラーが起きた時に最初に確認するべきでしたが、私はすっかり忘れていて確認すると更新が必要な状態でした。

ですが、このバージョン更新でもエラーは解決しませんでした・・

そのかわり、解決策の手順のなかで古いバージョンではNGということもわかったので必ず最新バージョンに更新しておきましょう。

BackWPupの回数が多すぎます問題はDropbox更新で解決した

ネットの検索にでている項目を確認しても、ファイルのバックアップが毎回同じエラーで解決できずつまづいていたところ、Twitterに大ヒントとなるツイートを発見。

それがこちら

PHPでもバージョンでもなく、バックアップ先に指定しているDropboxを再度更新したらどうか?という提案。

わたしもバックアップ先をDropboxにしていたので、こちらを試したところエラーを解決することができました。

BackWPupのDropboxリンクを更新してみよう

  1. Dropboxの認証を一旦解除する
  2. Dropboxを再認識して新たにバックアップ

たったこれだけで「回数が多すぎますエラー」がおきなくなりました。

以下手順になります

①ワードプレスのダッシュボード、BackWPupのジョブをクリック

 

②ファイルバックアップの編集をクリック

②宛先:Dropboxをクリック

私はジョブの名前にファイルバックアップと入れていますがこれは人それぞれです。

③Dropboxの認証を削除

④Dropboxのアプリ認証コードを取得

単純にバックアップ先に指定しているDropboxを一旦解除して、再度認証させる手順を踏んでいます。

私は複数サイトを運営していて、ひとつのサイトはバージョンアップをしてから実施、ひとつのサイトはバージョンアップをしないままDropboxを再認証しようとしました。

その結果プラグインのバージョンが最新でない場合、途中がエラーが出てDropboxとつなぐことすらできなかったです。

  • BackWPupのバージョンが古いままだとエラーが出て認証ができませんでした。
  • 必ずプラグインは最新にしてからやってみましょう
  • この画面の下に「保存先」という名称がありますが、私はもとのフォルダー名は削除して空白の状態でやってみました。
  • するとDropboxのフォルダに「InpsydeBackWPup」というフォルダが生成されます
  • 既存の名称のままでやってみてもいいし、空白にすれば新しいフォルダーが勝手に作成されます。

とにかくプラグインは最新の状態でやりましょうというのがポイントです。

バックアップ先は、エラーがでなくなってから保存先に名称を入れてあげればDropbox→アプリ→InpsydeBackWPupフォルダの中に新しいフォルダができます。

指定先フォルダ名は「/〇〇〇〇/」と入力すればOK

例: /toyodablog/

こんな感じでフォルダを指定するとInpsydeBackWPupのフォルダ内にtoyodablogというフォルダが作成されバックアップファイルがそこに入ります。

ちょっといろいろ書いてしまいましたが、まずはDropboxの認証を削除して、あらたにアプリ認証コードを取得するところまで優先でやりましょう。

⑤認証コードを取得

認証コードを取得後、この画面になったら「許可」をクリックすればコードが表示されます。

コードを④のボックスにコピペしましょう。

変更を保存して完了!

BackWPupを手動でやってみる

Dropboxの再認証までできたら、

  1. BackWPupのジョブをクリック
  2. 手動で行いたいバックアップを「今すぐ実行」

わたしの今回のエラーはDropboxの再認証をすることにより、エラーなしでバックアップすることができました。

サーバーPHPにも問題なし。

プラグインも最新。

Dropboxを指定してエラーが出ている。

こんな症状の方は同じ方法でエラーが解決するかもしれません!

まとめ

  1. BackWPupのエラーメッセージを確認する
  2. BackWPupのログでエラーを確認
  3. プラグインのバージョンを更新して最新にしておく
  4. サーバーのPHPは最新か推奨バージョンにしておく
  5. バックアップの保存先がDropboxであれば再認証してみる
  6. 再認証後に手動でバックアップ実行でエラーを再確認

バックアップは万が一に備えてしっかりとっておきましょう。

100記事、200記事と積み重ねたものは大切にしたいですからね!

今回の記事が役に立てば幸いです。