外注化

トレンドアフィリエイト記事の外注化|ブログ運営のやり方にメリット・デメリット

トレンドアフィリエイトは外注化できるのか?

そもそもブログに外注化が必要なのか

ワードプレスで有料ブログを立ち上げて、ある程度の記事を書き続けると「あ、このままブログ運営続けるの厳しいな」と言う日が訪れます。

その理由は、1人で記事を書くには時間の制約が多すぎる、記事を書く以外にも作業があるなど、時間的に「人の手を借りたい」と思うからです。

しかし、外注化をやったことがない場合、「自分に外注化なんてできるわけがない、人を雇うなんて難しい」と、自ら外注化をシャットアウトするでしょう。

今回はそんな外注化初心者に向けて経験談を解説します。

すでに数え切れない外注化をこなしている今の自分が、外注化をする前の自分に話すつもりで書いていこうと思います。

ブログ記事の外注化【簡単動画解説】

トレンドアフィリエイトで記事の外注化はできるのか

外注化はできる、そして早い方が良い

ブログといっても様々なジャンルがあります。

トレンド、物販、特化型、雑記など名前は色々ありますが方向性は多岐に渡ります。

このなかで、外注化できるものとできないものがあるか?というと、すべてのジャンルで外注化は可能です。

トレンドアフィリエイトは外注化が難しいと言われていますが全くそんなことはありません。

外注化に踏み切るための大きな壁

  • 人を雇うのは難しい
  • お金がたくさんかかる
  • 経営を知らない
  • ライターはみんなプロ

外注化を行う前に私が心の中で感じていたハードルをあげてみました。

外注化ということは、世の中の誰かを雇用することであり、当然給料も発生する。

そんなことが自分にできるわけがないと思っていたんです。

まして、ブログ運営して記事を書いているといっても、月に数千円から数万円の稼ぎ程度のブログ記事を誰かに頼むなんて・・おこがましいという気持ちもありました。

ブログ記事はド素人も書く

ブログ運営数ヶ月から数年で外注化にチャレンジする人の心境は

  • ライターを雇うほどのブログなのか
  • 自分にできるわけがない

とほとんどの場合、外注化をして失敗したことはないけど、自ら壁を作っている場合が多いと思います。

実際私が外注化を知ったときも、「こういうのは月に数百万とか稼いでいる人がやるもの」と決めつけていました。

単純に心のどこかで、知らない事にチャレンジするのが怖かったんでしょう。

外注化で難しいのは自分で作る見えない壁を破ることだと今は思います。

外注化をやってすぐに感じたこと

ライターはみんなプロではない

ライターのイメージ=上級者ではありませんか?

テレビに出演するライターとか、大手出版社に勤めているライターとか。特別な技能を持った人というイメージがあると思います。

ところがブログ記事の外注化を初めてライターさんの印象はガラリと変わりました。

自分以下のライターが5万といる

私自身、作家をやっていたわけでも、文才があるとも思っていない、ただのブログ運営者です。

私が外注化にチャレンジしたのは150記事くらい自分で書いてから。

ここで、ライターさんのレベルの低さには唖然としました(全員ではないですよ)

  • 日本語になっていない
  • 誤字脱字
  • 記事チェックできていいない

記事内容がおもしろくないとか以前に、これで提出するってどうなの?というレベルのライターさんも多いです。

外注化=有能な人を雇う ☓
外注化=少しお手伝いをしてもらう ○

外注化に踏み切る前は大きな壁に感じるかもしれませんが、実際にはこのくらいの感覚で問題ないでしょう。

外注化にチャレンジしたことがなくても、気軽にやって問題ナシということです。

ブログ運営で外注化するメリットデメリット

外注化する場合、当然メリット・デメリットがあります。

外注化を始めると、ほとんどブログ運営は外注ありきになるので、圧倒的にメリットが勝つのですが、一応目を通してください。

外注化のメリット

  • 時間に余裕ができる
  • 記事数を稼げる
  • 孤独な作業から解放される
  • 学べる

時間に余裕ができる

ブログで1番時間がかかるのが記事の執筆だと思います。

1記事2000文字として、トレンドアフィリエイトなら慣れれば平均1時間?

いえいえ初心者なら4時間・5時間かかってもおかしくない。

これを外注ライターさんが引き受けてくれれば、恐ろしく拘束されていた記事を書く作業時間から解放されます。

→もちろん解放された時間は遊ぶためや休むためではなく、他の作業に使うことで収益化のスピードは倍になります

記事数を稼げる

ブログの記事数は何記事がいいのか?に答えはナシ。

100記事でも200記事でもなく、量が多いに越したことはありません。

なぜならSEOを攻略して全て1位を取るのは不可能だし、大手企業がニュースや芸能人のスキャンダルを毎日アップしてYahooに掲載している背景を考えれば当然。

やはりブログ運営では数をこなすことが収益化には必須です。

孤独な作業から解放される

実はコレ大事。

外注化を始めると、全国にいる外注さんと直接やり取りをするようになります。

ブログを運営していく中で、家族の予定、子供の行事、仕事の都合、自分の体調など、年間を通じていろんな出来事があります。

自分一人でブログをやっているときには、ブログを書きたくても書けない、そんな辛さを共有する人もいないし、いつも孤独との戦いです。

外注さんとある程度関係ができると

「無理しないでくださいね!」

「お子さんの成長楽しみですね、うちもこうでしたよ~」

「お子さんの誕生日?おめでとうございます☆」

なんて、まるで会社の仲間と会話しているかのような会話も生まれます。

特に自分と年代や境遇の近い人だとついつい話が弾んでしまうことも。

私は子供がいるので、主婦ライターさんあたりだと、とても良い関係を築けるので、ブログ以外のメンタル面でも嬉しい言葉によくほっこりしています。

学べる

先ほどライターさんの、誤字脱字やレベルの低さを取り上げましたが、まさに自分を見直す機会になります。

  • 記事の内容
  • 仕事の進め方
  • マニュアルの中身
  • やり取りでの礼儀
  • 言葉や気遣い

などなど、ブログの内容だけでなく、お仕事として人と関わることで、気づきや学びが良くも悪くもたくさんあります

これはたった一人で黙々とブログをやっていると得られない部分ですよね。

また、書いてもらった記事を見ると、同じキーワードなのに自分とは全く別の視点で書いてくる方がいます。

こうした部分も自分の頭では井の中の蛙になっていることを知らせてくれるチャンスと言えるでしょう。

外注化のデメリット

  • お金がかかる
  • 失敗もある
  • 仕事に追われる場合がある

お金がかかる

外注化は人に力を借りる分、当然お金がかかります。

記事を書いて貰う場合、自分で単価を決めることができますが、

(参考)1記事あたり:400円~1000円

私の経験上、ブログ記事にかかるお金はこれくらいです。

ちなみに400円と1000円の記事内容が大きく違うかと言えばそんなことはありません。

400円でも素晴らしい記事を書いてくれる人もいれば、1000円でため息しか出ない記事人もいます。

いずれにしても、まずは1万円くらいかけて外注化の仕組みを知ることは絶対にムダにならないので最初は捨てるつもりでチャレンジしてみましょう。

失敗もある

外注さんの中には自分と合わない方もいます。

コミュニケーションがうまく取れない、求めていた記事が納品されないなど「失敗した!」と思うこともあります。

失敗を減らすためには、より多くの人を雇うことです。

私は外注化の最初に、早く外注の世界を把握するために、一気に11名の外注さんを雇いました。

慣れるまではお願いする仕事のボリュームを少なくして、いつでも契約終了できるようにしておくのも手です。

オススメは

  • 5人同時契約
  • 3から5記事ずつ更新

このくらいでスタートさせれば、早い段階で「この人ダメかも」の見極めができます。

仕事に追われる場合がある

外注さんによって仕事のペースはさまざまです。

1週間に3記事程度の人もいれば、1日に3記事書いてくる人もいます。

キーワードを決めて外注さんにお願いする場合、毎日の仕事量が多い人にはキーワードの依頼が追いつかない場合もあります。

そうなると逆にキーワード選定に時間を取られ、他の作業が手に付かない!なんてことも。

外注化する前に、

  • 自分の仕事(タスク)は何がどれだけあるのか整理する
  • 雇う外注さんと仕事ペースを調整しておく

お互いに気持ちの良い仕事を続けるためには、最初にしっかりコミュニケーションをとり調整しておくことが重要。

自分の生活スタイルや、相手に求める質や量をなるべく明確にしておきましょう。

トレンドアフィリエイト記事の外注化【今回のおさらい】

  1. 記事の外注化は早い段階でスタートさせるべき
  2. トレンドアフィリエイトでも外注化することは十分可能
  3. 外注化する前の「外注化は難しい」の壁を超える必要がある
  4. ブログ記事を外注化して、自分の作業時間を確保し収益化を加速させる
  5. 外注化初心者は始めに多くの外注さんとやり取りをして見極める力をつけよう

外注化はとにかくスタートさせるのが先決です。

頭のなかであれこれ考えても、実際に外注化をしないと見えない部分が多くあります。

「習うより慣れろ」「百聞は一見にしかず」などというように、恐怖心や先入観は捨てて、まずは外注化にチャレンジしてみましょう。

ブログの収益化が加速することは間違いなし、詳しい方法は別記事でまた解説していきます。