ライティング

ブログ記事の書き方|文字数を増やすコツ【やってはいけないNG例】

ブログで記事を書き始めて思うこと。

「5000文字とか10000文字とか書いてる人凄いな~」

ブログで記事を書くときの指標の一つが、記事の文字数です。

ツイッターなどを見ていると、「○○文字書きました!」と報告しているブロガーが多いことに気づきます。

そこで自分が記事を書くときに文字数に注目していると、

800文字、1000文字・・ん?そろそろ書くことがないぞ。と困り果てることもありますよね。

そもそも文字を書くことに慣れてない人からしたら、2000文字でもたくさん書いた!という感覚があると思います(私はそうでした)

今回は、

  • ブログ記事の文字数の適正は?
  • ブログ記事の文字数を増やすコツ
  • やってはいけないNG例

を見ていきましょう。

記事の文字数【簡単動画解説】

ブログ記事の文字数は何文字が適正?

記事の文字数はキーワード次第

ブログ記事の文字数は、記事を書く人なら誰でも気にしているもの。

じゃあ何文字書けば投稿していいの?

答えはナシ。

例えば最近の検索エンジンでのGoogleの答えはこうです↓

安倍総理年齢を知りたい場合

 

安倍総理身長を知りたい場合

 

 

マリーゴールド 歌詞

 

おわかりでしょうか?

もはやGoogleは、公式サイトでも、誰かの記事を提示することもなく、Google自身で「答え」を表示しています。

検索窓で表示しちゃうんだから、せっかちですね。

これが何を意味するかと言えば、

検索エンジンは、検索の答えを早く・簡潔に出そうとしている

ということ。

ブログ記事を書いて、長い長い文章を書いて、最後に検索の答えを書こうなんて論外です。

検索して記事を見たときに、「どこまでスクロールしないと答えが出てこないんだ!」とツッコミたくなるような記事もたくさんあります。

これが正解です

ブログ記事を書くときに、文字数は何文字以上書けばいいんだろう、と考えず、「知りたい人の答えを、簡潔にわかりやすく書く」ということ。

キーワードによっては、記事の文字数が1000文字であっても、3000文字の記事よりも上位に来ることは十分にあります。

逆もしかり、情報量が必要なキーワードであれば、10000文字でも足りないこともある。

アクセスが多かった記事の文字数

文字数とアクセス数が比例しないのは、今まで800記事以上を書いて来て実感しています。

1日あたりのPV(1記事)文字数
14.7万PV5556文字
8万PV3451文字
2800PV9250文字

例えば、これを見てください。

過去にアクセス(PV)が爆発した記事では、1日で14.7万PVのアクセスがあり、その記事の文字数は5556文字でした。

ですが、力を込めて書いた9250文字の記事でも2800PV・・悲しい。

もちろん、両方とも狙ったキーワードで1位を取っての結果です。

とはいえ、キーワードが変われば検索需要の絶対数も変わるし、一概に文字数だけで判断は難しいところです。

多ければ絶対に良い結果がでるというわけではありません。

記事の文字数を増やすコツ

文字数が関係ない、とは言いつつも、3000文字を超える文字数ならまだしも、1000文字くらいで書くことがなく、苦しいときは困りますね。

トレンドアフィリエイトを実践している場合は特に、文字数が思うように伸びなくて困ることもあります。

そんなときはこちら↓

言葉の意味の説明を追加

知らない単語は人それぞれ

記事は自分の頭の中に浮かん言葉をキーボードに打っているわけです。

あなたにとっては当たり前の言葉でも、実は読む人にとっては知らない言葉がたくさんあります。

例えば、今読んで頂いているこの記事の中に、

何気なく「PV」という、記事へのアクセス数を表す言葉を出していますが、読んでいる方の中には初めて見る人もいるかもしれません。

そこで、

  • PVとは・・〇〇〇〇
  • UUとは・・〇〇〇〇

のように補足説明を追加するだけで文字数も増えて、なおかつ親切に思える一石二鳥となるわけです。

他にも、

  • スポーツ関連ならルールの解説
  • 地名・地域が出たらその特徴
  • 英単語の和訳や意味の解説

などを織り交ぜながら記事を作成していくと、あっというまに文字数は稼げます。

「こんなこと知っていて当たり前」

この考えは捨てて記事を書くことで、多くの人がわかりやすい、読みやすいと感じる記事になります。

関連キーワードがないか調べる

記事の文字数に困ったら、単語の関連キーワードがないか調べると役に立ちます。

例えば、富士登山の服装に関する記事を書いていたとします。

そこで自分なりの経験談を含めて記事を書いたけど、「あと何を書こう・・」と迷ったら、

富士登山 服装 と入力し、取得開始をクリック↓

すると、過去に「富士登山 服装」に関連するキーワードで、ほかにどんな事を知りたかったのか見ることができます。

特に、右側の知恵袋を見れば、富士登山の服装に関する悩みを知ることもできます。

これを使えば、記事内容から脱線することなく関連キーワードから文章を書くことで文字数を増やすことが可能です。

記事の文字数を増やすNG例

文字数を増やそうとすると、記事の質を落とす逆効果の作業をする人もいます。

それは以下のような方法です。

必要ないキーワードで文字数を増やす

先ほどの「富士登山 服装」の例でいけば、

検索する読者は

  • 富士登山に行く服装に迷っている
  • 富士登山に行く服装のおすすめを知りたい
  • 富士登山に行く季節別コーデを知りたい
  • 富士登山に行く服を買おうと思っている
  • 富士登山の服装の注意点を知りたい

など、服装に関係することでなんらかの疑問や悩みがあるはず。

それに対して、記事の文字数が不足しているからといって、

  • 富士登山おすすめの食事
  • 富士山周辺の観光地
  • 富士山までの交通事情

と、関係のない情報を無理に詰め込むのはだめ。

検索して、知りたい事以外の情報はありがた迷惑な場合があります。

会話でも同じですが、質問に対する答えが的外れだと

「それは聞いてないんだけど」と思うこともありますよね。

ブログ記事も同じく、読者の気持ちになることが大切です。

口調や言い回しで文字数を増やす

一番最悪なパターンです

意識していないけど文字数が増えてしまった。

これなら許容範囲ですが、意図的に言い回しで文字数を増やす行為は読み手からすると最悪です。

同じ事を伝える文章でも↓

例: 秋の山にはスズメバチがいます。特に黒い服装や、香水など強い匂いを発するものはスズメバチを刺激するので注意が必要。

56文字

 

例: 秋の山にはスズメバチがたくさんいるのをご存知でしたでしょうか?どんな服装が危ないかというと、黒い服が白い服装に比べて危ないと言われており、さらに危険なのが、香水などの強い臭いを発するものはスズメバチを刺激することがあり、こちらも注意をしっかりしておくことが必要になります。

136文字

まだまだ余計な言い回しができそうですが、これでも倍以上です。

同じように言い回しを頑張るだけで2000文字の記事が、4000文字になるという事。

文字数がいくら多くても、この記事に価値があるとはいえませんよね?

ツイッターやインスタでかさ増し

ブログの初期には覚えていない方法。

ツイッターやインスタグラムなどのSNSを埋め込みを記事執筆に慣れてくると行います。

このSNSの埋め込みは、テキストエディターに埋め込みコードをコピペするんですが、これもワードプレスで文字数にカウントされます。

さらに記事を読んだときにもボリュームがあるように錯覚するので、味をしめるとSNS埋め込みばかりに走ってしまうこともあるんです。

これに頼ると記事の質が上がらないばかりか、文章を書くというスキル、語彙力もどんどん低下してしまうのでオススメしません。

やはり、自分で書く記事は文字数に捕らわれず、読者ファーストか?の考え方が一番重要です。

読者が満足するコンテンツならば文字数が少なくてもヨシ。

記事の文字数を増やす|【今回のおさらい】

  1. 記事の文字数は一概に〇〇〇〇文字以上と定義することはできない
  2. 文字数ではなく、キーワードに対する答えによる
  3. ブログ記事には、疑問に対し、早く簡潔に答えを出すことを求められている
  4. 記事の文字数とアクセス数は比例しない
  5. 文字数を増やすコツは、言葉の意味を追加する
  6. 文字数を増やすコツは、関連キーワードで内容の幅を拡張する
  7. 必要のないキーワードで文字数を増やすのはNG
  8. ムダな言い回しで文字数を増やすのはNG
  9. SNSの埋め込みに頼らないこと

記事を書き始めると、必ず疑問に思う文字数のお話し。

テクニカルに〇〇〇〇文字以上が良い、という考えではなく、あくまでも読者が満足する内容が記事には書けたか?という判断をしましょう。

ライバルサイトに勝つためには、文字数ではなく、記事の質が最重要。

質を上げた結果、文字数が増えるのはOKですが、やみくもに文字数だけ頑張ることは無意味なのでやめておきましょう。