家庭

気になる貯金額30代ではいくら?!4人家族で年間貯める目標はこれ

なにかとお金がかかる30代。

30代になったし子供も出来たし、ちゃんと貯金しなくちゃなぁ……

なんて思いつつ不安に感じたり焦ったりしていませんか?

お金の話というのは友達ともなかなかできませんし、学校でも習いませんから「我が家は将来大丈夫なのかな?」と不安になるのも当然です。

そこで今回は30代4人家族、一般的な日本の家族層を想定した貯金額と、年間の貯金目標額の設定についてご紹介します。

30代は貯金額や収入に年間で大きな差が出る時期

30代というのは仕事においてもプライベートにおいても、さまざまなイベントが発生する時期と言えます。

結婚はもちろん、出産や子育てなど生活パターンも大きく変わります。

仕事の面では若手の育成に手を焼いたり出世競争が激しくなってきたり、年齢的に転職なども徐々に難しくなってきます。

それはお金の面でも同じで、年収や日々の出費、生活レベルも20代の頃とは大きく変わってくるものです。10代20代の頃に比べ、人間関係やそれに伴う出費も大きく変わってきているのではないでしょうか?

30代、4人家族で貯金がないと教育も趣味も難しい

子供がいる家庭の場合、40代になるとさらに教育費がかさんできますから、将来を見据えた備えも必要です。

お金が全て、というわけではありませんが、やはりある程度はないと人生を楽しむことができませんよね。人生における安心感という意味でも、資産や貯金の有無は一つのバロメーターといえます。

そこで気になるのが、世の中の”同世代の懐事情”ではないでしょうか?

30代の家族世帯の年間平均貯金額は367万円

金融広報中央委員会が発表した2018年の「家計の金融行動に関する世論調査」によると、30代の家族世帯(二人以上世帯)の預貯金平均額は367万円です。

(うち運用または将来の備え:217万円、定期預金89万円)
データ出典:https://www.shiruporuto.jp/

貯金額については調査もとによってほんの少しの違いはありますがほぼこの金額で間違いないです。

こちらは投資信託やその他の金融資産を含まない、純粋な預貯金平均額なのですが……いかがでしょうか?

「367万円も貯金なんてないよ!!」

という人もいるかと思います。367万円というのはあくまで平均値ですから、一つの目安として考えてもらえればOK。

さて、では30代のうちに年間どのくらい貯金すればいいのでしょうか?

貯金額の理想は30代で月収の10%

貯金額は明確に決めること

貯金をするのが難しい理由は数値目標が曖昧だからです。

では具体的にどのくらいを目安とするべきでしょうか?

世の中に出回っているお金に関する本でよく出てくる数値は月収の10%を貯金に回す、というもの。毎月の手取りが30万円であれば3万円を貯金しましょう、ということですね。

とはいえ、イベントごとなどもありますから、毎月一定額を貯金に回すというのも難しいところ。

そこで、逆算して年間計画を立ててみてはいかがでしょうか?

家族の世帯年収の10%を年間貯金額の目標に

収入の10%を貯金に、ということはつまり、年収の10%を年間の貯蓄目標額に設定する、ということになります。

世帯年収が500万円であれば、年間50万円を貯金の目標額とします。

→【貯金額】30代4人家族の平均は?絶対にやってはいけない貯金方法

夏休みや子供の誕生日、クリスマスやお正月は出費が多くなりがちですよね。

出費がかさむ時期を予め考慮し、年間の貯金額をきめることで計画的にお金をためていくことができるようになります。

銀行の定期預金機能にはボーナス月の設定などができるものもありますから、一年計画で自動的に定期預金に回すようにすることをオススメします。

まとめ

お金というのは掴みどころがないため、不安な気持ちになってしまいます。

だからこそ、感覚ではなく数値でしっかり把握しましょう。

  1. 平均貯金額は367万円
  2. 貯金額の理想は月収の10%を貯金に回す
  3. 世帯年収の10%を年間貯金額の目標に

貯金だけが全てではない

今回は30代4人家族を想定した貯金事情をみていきましたが、30代の世帯というのは夫婦のみの世帯もあれば3人家族や4人家族などの子育て世帯も含まれています。

そういう意味でも、あくまで平均的な数値であり目安ですから、焦ったり不安に思う必要はありません。

自分たち家族の将来設計やライフスタイルにあわせ、無理なくコツコツと貯金していくことが何より大切です。

貯金額は同じ生活水準であれば、収入が多い方が貯金できるに決まっています。

貯金が多い家族を見て、「うちも貯金を増やさないと」そう考えていると一向に貯金が増えない。好きなことにお金が使えず首が締まる思いをします。

現在、これまでの私の経験をもとにした、「家族の貯金額を増やしたい、家計を見直したい」前向きな考えの方に向けてとっておきのメールマガジンを無料で配信中です。

この機会に、詳しくは以下をご覧ください。