子育て

児童手当とは|いつからいつまで?いくら?【超わかりやすく説明します】

子供がいる家庭なら「児童手当」はもらっていますよね?

でも実際、「児童手当はいつからいつまで、いくらもらえるのかわからない」という人も多いんです。

たしかに・・もらえるのは嬉しいけど正直よくわかってない汗

そこで今回は、児童手当について超絶わかりやすく説明したいと思います。

行政機関の資料ってどうも読む気にならなくて・・・そんなあなたに調べたことをまとめました。

私も児童手当を良く知るまでには時間がかかりました!ゆっくりごらんください。

児童手当とは?わかりやすく説明!

児童手当は、国による子育て支援の一貫で、子供がいる家庭の生活の安定子供の成長を支援することを目的としています。

児童手当には、以下のルールがあります。

  • 子供が日本国内に住んでいること
  • 父母が別居しているときは、子供と同居している方に優先して支給する
  • 父母が日本国内で子供を養育している方を指定すれば、その方に支給する
  • 子供が施設に入所している場合は、その施設の設置者や里親などに支給する

児童手当はいつからいつまで?

支給対象は「中学校卒業まで(15歳の誕生日の最初の3月31日まで)の児童を養育している方」となっています。

なので、0歳(出産の翌月より)から中学生までとなります。

出産した月と高校生以上は支給されないので注意してください。

児童手当はいくら?

児童手当の支給額は、年齢・人数・所得によって変わります

  • 3歳未満:一律 15,000円
  • 3歳以上小学校修了前:10,000円(第1・2子)、15,000円(第3子以降)
  • 中学生:一律 10,000円
  • 所得制限者:5,000円

「第3子以降」とは、高校卒業までの子供のうち、3番目以降を言います。

19歳、13歳、11歳の子供が3人いた場合、19歳の子は子として数えないので、13歳が第1子で11歳が第2子となります。

3人子供がいれば15000円じゃないのね

児童手当の所得制限とは?

子供を養育している人の所得が所得制限限度額(控除後の額)以上の場合、児童手当はありませんが、特例として子供一人当たり5,000円が支給されます。

  • 扶養人数0人:限度額622万円(収入額833万円)
  • 扶養人数1人:限度額660万円(収入額876万円)
  • 扶養人数2人:限度額698万円(収入額918万円)
  • 扶養人数3人:限度額736万円(収入額960万円)
  • 扶養人数4人:限度額774万円(収入額1002万円)
  • 扶養人数5人:限度額812万円(収入額1042万円)

1人増えるごとに38万円を所得控除額に加算します。

また、所得制限限度額は、請求者の所得から控除できるものを差し引いた後の額で判定します。

→児童手当の所得制限は不公平?共働きは要注意!扶養人数のカウント

児童手当はいつ支給されるの?

原則として、毎年6月、10月、2月に、それぞれの前月分までの手当てを支給します。

  • 2月支給:10・11・12・1月分
  • 6月支給:2・3・4・5月分
  • 10月支給:6・7・8・9月分

支給日は市町村によって異なりますが、私の住んでいるところでは、各支払月の第2金曜日となっています。

各支払月の10日前後が多いようですね。

児童手当の申請はどうやってやるの?わかりやすく説明!

児童手当の認定請求(申請)

子供が生まれたり、他の市町村から転入したときは、現住所の市町村の窓口に「認定請求書」を提出し申請してください。

公務員の場合は勤務先で申請してください。

申請できる方は、子供を養育している父または母のうち、所得が高い方など、子供の生計を維持する程度の高い方です。

認定請求(申請)に必要なもの

  • 印鑑
  • 請求者の健康保険証のコピー
  • 振込先情報(請求者名義の普通預金口座)
  • 申請者と配偶者の個人番号(マイナンバー)確認書類
  • 窓口に来られる方の身元確認書類

【15日特例】申請は、出生や転入から15日以内に!

申請は、生まれた日・転入した日の翌日から15日以内に申請が必要です。

また、原則、申請した月の翌月分からの支給となります。

ただし、出生日や転入した日(異動日)が月末に近い場合、申請日が翌月になっても異動日の翌日から15日以内であれば、申請月分から支給します。

申請が遅れると、原則、遅れた月分の手当てを受けられなくなるので、注意してください。

現況届の提出(児童手当を続けて受け取る場合)

6月以降の児童手当を受け取るには、毎年現況届の提出が必要です。

公務員の場合は、勤務先で手続きしてください。

現況届は、毎年6月1日の現況を把握し、6月分以降の児童手当を引き続き受ける要件を満たしているかを確認するためのものです。

提出がない場合には、6月分以降の手当が受けられなくなるので注意してください。

現況届の提出に必要なもの

  • 健康保険証のコピー
  • 住民票
  • 所得証明書

→児童手当の金額!総額いくらになる?所得制限や2人目、3人目で変わるの?

児童手当と児童扶養手当は違う

児童手当について調べていると、児童扶養手当もでてきますよね。

この2つは名前は似ていますが、違うものなので注意してください。

児童扶養手当は、父または母の一方からしか養育費を受けられない一人親家庭などの子供のために支給される手当です。

児童扶養手当も、所得による支給制限があります。

要件を満たす方であれば、両方を同時に受け取ることも可能です。

まとめ

  1. 児童手当は、0歳(出産の翌月より)から中学生まで支給される
  2. 児童手当の支給額は、年齢・人数・所得によって変わる
  3. 児童手当には所得制限がある
  4. 毎年6月、10月、2月に、それぞれの前月分までの手当てが支給される
  5. 児童手当は認定請求書を提出して申請する
  6. 申請は、出生や転入から15日以内に必ずする
  7. 毎年現況届の提出をする(児童手当を続けて受け取る場合)
  8. 児童扶養手当は、一人親家庭などの子供のために支給される手当

児童手当はいつまで続く?

子供を育てるには莫大なお金がかかり、その支援として児童手当があります。

子供の大学費用のために全額貯金している人もいますし、貰ってすぐ消えてしまう人もいるでしょう。

こうした支援は家計にとって本当にありがたいもの・・・が、児童手当をあてにした生活は絶対におすすめできません

厚生年金の支払い年齢が引き上げられたり、専業主婦の年金が半額になるなんてニュースがでるほど「この先ずっと貰える安心」はありえません。

あてにしていた手当や給付金が貰えなくなったら?、子供や家族の生活は圧迫されて、何をやるにも我慢我慢と苦しい生活をしなければなくなります。

そうしたお金に関する将来の不安をなくし、好きなものは我慢しないで買う、家族がやりたいことを全力でやる。

自分も、家族も自由にもっと豊かに暮らしたい。そんな思いから現在これまでの私の体験を詰め込んだメールマガジンを無料で配信中です。

きっとあなたの役に立つはずです。

詳しくは以下をご覧ください。