転職

仕事を辞めたい30代女性の理由|転職を成功させるために必要なこと

30代になり仕事の経験も積んできた、給料も少なくはないし余裕のある生活をおくっている方も多いはず。

ですが、30代になると特に思うことが「このままでいいのか?」ということです。

もし妥協して今の会社に残るなら、年齢的に一生その会社で働く覚悟をしないといけません。40代になると転職の成功率はぐっと減りますからね。

もし女性でもキャリアアップや給料アップを目指しているなら30代でも積極的に転職するべきです。

なので今回は仕事を辞めたい30代女性の方の転職を成功させるために必要なことについてまとめました。

30代女性が仕事を辞めたい|転職したい理由とは?

仕事を辞めて転職したい理由に多いのは以下、あなたもあてはまるものがあると思います。

  • 他の職種の仕事をしてみたい
  • 今の職種で給料が良い所に転職したい
  • 結婚して子供がいるから休日の多い会社に就きたい
  • 今の会社の未来が不安
  • 独身のため他の仕事で出会いを求めたい
  • 職場の人間関係に不満がある

30代の女性はステータスも様々、結婚している人や独身で仕事に対して求めているものも違います。

それぞれの生活環境であなたが仕事を辞めたいと思うのはなんらおかしくないことです。

ですが、30代の女性が転職を成功させるためには何をすればいいのでしょうか?成功させるコツを次にご紹介します。

30代で転職を成功させるために必要なこと

30代の転職は、20代の時とは違って熱量だけでは採用されません。

今までの経験やキャリアが重視され、特に企業は即戦力となる人材を求める傾向にあります

では具体的に転職で必要なことをまとめました。

30代だからこそ譲れない条件を決める

給料、休日、福利厚生など自分が譲れない条件を決めることが大切です。

希望に全て合致する仕事を探すのは少々無理があるので、妥協できる条件や希望の中で優先順位を決めておくことも重要。

条件を妥協してしまうと、新たな仕事先でもそこがネックな部分となり、また仕事を辞めたくなってくる可能性もあります。

年齢的に30代であれば残りの転職回数は多いとはいえません。

次回の転職が最後だと思い条件を整理しましょう。

→フリーランスに適した職業【女性版】主婦にも人気の隙間時間で稼ぐ

仕事を辞める前に転職のタイミングを決める

勢いで仕事を辞める前にいつを目安に転職するかを決めましょう。

転職の場合、内定が出るまでは職場に言わない方が良い。

転職時期の目安としては、応募から初めて転職するまでに約3ヶ月で今の職場を退職する流れが一般的です。

また、失業保険をもらいたい場合はもしかしたら1年後になるかもしれませんね。

ですが、企業からしたら早期転職が好ましく、離職から3カ月以内の人材を希望している企業が50%を占める(失業保険の説明会で聞きました)のでスムーズに転職するほうが良さそうです。

もう一度言いますが、転職先が確定するまでは今現在勤めている会社に辞める意思を伝えない方が良いです。

万が一転職活動がうまく行かなかった場合、会社に居ずらくなりますからね。

自分のキャリアと経験をあぶりだす

面接ではキャリアと経験が最大の武器になります

今まで培ってきたこと、自分のキャリアをノートにまとめると蓄積されたスキルが具体的に分かります。

面接官は、応募者が何を経験して、自分の会社では何をしてくれるのか?を重要視しています。

面接というと受け答えや人間性が大事とも言われますが、企業が一番欲しいのは人よりも能力やスキルです。

あなたの経験したスキル、得意なことを具体的に転職先で何に活かせるのか考えておくといいですよ。

未経験の職種に就くなら資格をとるのもあり

未経験の職種に就くなら30代半ばまでがラストチャンスになります。

もし未経験の職種に就きたいなら、その職種に関係する資格を取得するとより良いです。

スキルがなくても資格があれば企業側としてば「未経験でもこの職種に転職したい意思が強い」と思ってくれます。時間があれば積極的に資格をとりましょう。

→習い事は何する?社会人女性20代30代におすすめ!費用や時間は?

転職の情報収集は綿密に行う

転職する企業を決めるときは、

1つのサイトだけでなく複数のサイトを見て情報収集をしましょう

おすすめなのは転職エージェントを複数登録して比較することです。

  • 求人案件だけ送ってくるエージェント
  • 早く応募しろと急かすエージェント
  • 希望にマッチしない求人をよこすエージェント
  • 丁寧で親身になってくれるエージェント

実際の私の転職経験から言えますが、エージェントは会社と担当者で大きくレベルが異なります。

できれば親身で実力のあるエージェントと協力して良い転職を遂げたいですよね。

また、地域のハローワークに行って職業相談所で相談するのも良し。特に中小の場合はハローワークにしか求人情報を掲載しない会社も多くあります。

就職したい企業が見つかったらその企業の評判を調べましょう。

求人票には書いていない人間関係の良し悪しや、サービス残業があったりするブラック企業かどうかをチェックしてください。もし接客業など店舗がある企業なら実際に行ってみるのもいいですね。

まとめ

  1. 30代女性の仕事を辞めたい理由はさまざま
  2. ゆずれない条件を決める、優先順位をつける
  3. 仕事を辞める前に転職のタイミングを決める
  4. 自分のキャリアと経験から得意なことをあぶりだす
  5. 未経験の職種に就くなら資格をとるのもあり
  6. 転職の情報収集は綿密に行う

今後を考える

30代女性の転職はこれまでの経験をいかせば、給料やキャリアアップすることも十分に可能です。

今や年齢問わず、1つの会社で定年まで勤める「終身雇用は崩壊」していると言われます。

更に老後には2000万円の貯金が必要とも、女性であっても将来を見据えて今よりもっといい会社、企業や給料を求めることは当たり前です。

ただし男女共に心配なのは、この先仕事をする上で、いつまでも安定的に給料が貰える保証はないということ。会社の経営不振、景気の下振れ、世界経済の情勢など、どんな企業でも常にお金の不安はつきまとっています。

20代の新卒であれば年齢でカバーできても、30代を超えれば自由な転職は不可能、そこで会社の給料に縛られない、新たな収入源を確保しておく必要性があり、多くの人が副業などに力を入れているわけです。

現在私はこれまでの経験を活かし、将来に向けて今から行動したい方に向け無料のメールマガジンを配信中です。

詳しくは以下をお読みください。