会社・副業

ミニマリストの持ち物【男性編】サラリーマンに実はいらないものは?

ここ数年、「ミニマリスト」が流行っています。

ネットでも本屋でもミニマリスト関連の本や情報が並び、完全に流行り化してますが特にビジネスマンや意識の高い主婦層には人気です。

ミニマリストに憧れて、持ち物や自宅の物を必要最低限にしようとする人も多く現れています。

・・・が、現実にはなかなかモノが減らない。

持ち物はいつもカバンいっぱいに詰め込んでどこがミニマリスト?状態。

世のミニマリストのサラリーマンの持ち物は、どんな風になっているのでしょうか?

今回は男性向けに、ミニマリストの持ち物についてまとめていきます。

  • サラリーマンの持ち物
  • ミニマリストを目指すには
  • 収入が増えるミニマリスト

サラリーマンの一般的な持ち物は?

世間の男性サラリーマンが通勤する際に持ち歩いている持ち物にはどんなものがあるでしょうか?

  • スケジュール手帳
  • シャープペン
  • ボールペン
  • 蛍光ペン
  • ノートPC
  • ガジェットアクセサリー
  • 名刺入れ
  • 財布
  • 携帯
  • 資料

ざっとあげただけでもカバンの中のスタメンはこんな感じではないでしょうか?

必需品は筆記用具やスケジュール帳ですね。

サラリーマンの予定はコロコロと変わりがち。するとスケジュール帳にはシャーペンでのメモが必要になりますし、正式な書類にはボールペンでの記入が必須。

さらに会議資料の重要な点には蛍光ペンでマーカー線を引いたりもしますよね。

筆箱の奥底にまったく使われない悲しい文房具がいませんか?

仕事によっては、ノートパソコンを持ち歩かなければならないという人もいます。

また、サラリーマンといえば名刺交換は日常茶飯事。

几帳面なビジネスマンは、相手の名前を思い出すために貰った名刺をファイリングしたものを常に持ち歩くという人もいるんですよ。

TOYODA
TOYODA
こんなにたくさんの荷物では必要なものを探し出すのに時間もかかるし肩も凝りそう・・ミニマリストにはほど遠いです。

サラリーマンがミニマリストを目指すためには?

サラリーマンがミニマリストになるためには、なにをどうすればいいのでしょう?

一般的な持ち物を基本とした改善点を挙げていきたいと思います。

筆記用具は4in1は基本

筆記用具の多機能モデルは文房具を減らすにはもってこい。

そもそもペンケースや筆箱のように「単体で効果がないもの」は不要です。

シャーペンと3色ボールペンが一体化しているもの、ボールペンにシャチハタが付いているタイプなど数をまとめられる筆記用具に変えましょう。

文房具はケチって安物を買わない方がいい

安物買いが性格も変える?

筆記用具や文房具類を買うときにとにかく安いものを探しているあなたは危険信号。

字を書くだけなら100均でもなんでも書けますので性能としては問題ありません。

ただし安い文房具には愛着もわかず、紛失したら探さずにすぐに買う始末。気づいたらデスクの引き出しはペンだらけ。

ビジネスで使うものは例え筆記用具1本でも1000円以上の高価なものをおすすめします。

大切に使うことで、モノの扱いかたや整理のクセが変わります

ノートパソコンはすでにデスクトップ扱い?

薄型・軽量化されたノートパソコンが多く登場していますが、それでも鞄にしまうとそれなりにかさばります。

用途によってはノートパソコンでないとダメ、という人もいるかもしれませんが、タブレットに変えてみてはどうでしょう。

ノートと比べると薄型で軽く、性能的にもパソコンと大差ありません。

文字を打つにもタブレット用キーボードもあります。

スキャン系のアプリで、かさばる会議資料も読み込みデータ化することが可能。

CamScanner|文書スキャン & ファックス

CamScanner|文書スキャン & ファックス

INTSIG Information Co.,Ltd無料posted withアプリーチ

タブレット上で重要な部分にマーカーすることも可能ですし、蛍光ペンは不要になりますよ。

まだ名刺を持ち歩いてるの?

名刺を読み込む専用のアプリもありますよ。

まだまだ紙の名刺文化はなくならないとはいえ、名刺をファイリングしてリストにする必要はないですね。

読み取ってデータ化すればデバイスでひと目で確認できます。

Eight - 100万人が使う名刺アプリ
Eight – 100万人が使う名刺アプリ
開発元:Sansan, Inc.
無料
posted withアプリーチ

名刺交換した直後にタブレットで読み込んでおけばわざわざ大量の名刺を持ち歩く必要もなくなるわけです。

名刺はキャバクラのお姉ちゃんが残るくらいですか笑

キャッシュレスは基本中の基本

まさかまだ現金を持ち歩いてませんよね。

ミニマリストの先駆者といえる「ミニマリストしぶのブログ」でもミニマリスト向けの財布が紹介されています。

財布というかカード入れ。

現金を使わないキャッシュレス決済は基本ですし、電子マネーを使えば完全に財布は不要になり小さなカードケースを持ち歩けば十分です。

実はいらないもので溢れている

一般的なサラリーマンの持ち物も、タブレットやデーター管理にすることでたいていのものは不要になります。

赤字のものはこれで不要になりました。

  • スケジュール手帳
  • シャープペン
  • ボールペン
  • 蛍光ペン
  • ノートPC
  • ガジェットアクセサリー
  • 名刺入れ
  • 名刺ファイル
  • 財布
  • 携帯
  • 資料

ミニマリストとして必要最小限の持ち物にすることを意識すれば、「できる男」になれますよ。

ミニマリストのメリットは本当に必要なものだけで生活することで極限までムダを省くこと。

これ、仕事も同じですよね。限られた時間の中で最大のパフォーマンスをするには余計なものがあってはできません。

早速デジタル化でミニマリストの持ち物を大幅に見直しましょう。

まとめ

  1. サラリーマンのミニマリスト化には持ち物を見直す必要がある
  2. デジタル化を意識してカバンの中身を減らす
  3. 筆記用具は高価なもので数より質にこだわりたい
  4. タブレットはとくにおすすめ
  5. 電子マネーやキャッシュレス決済で財布は不要に

ミニマリストは収入が増える

今までの「だらしない」持ち物から一変してミニマリストを意識すると、びっくりするくらいムダなものに気づきます。

ただモノをなくすだけでなく、選ぶ力が養われることで仕事でもスタイルが変わってくるはずです。

会社での評価があがれば出世や給料アップも狙えます。

ミニマリストしぶさんは素晴らしいですよね。不要なものを一切なくすというスタイルからそれを広めることで莫大な収入を得ています

ミニマリストを目指す方は「今の自分を何か変えたい!」そう思っているはずです。

現在、私自身の経験をもとに、将来に向けて変わりたいと思っている方に向けて実績をもとにした無料のメールマガジンを配信中です。

詳しくは下記をご覧ください。