暮らし

夏バテの原因はカリウムやカルシウム不足!効果的な食べ物や予防法!

夏になると「食欲がない」「疲れやすい」といった夏バテに悩まされませんか?

夏バテの原因には室内外の温度差や寝不足などがありますが、

実はカリウムやカルシウム不足も原因の一つなんです。

今年は夏バテしたくない!予防!予防!

暑い夏でも相変わらず忙しい仕事、なんとか乗り切らないといけませんよね!

そこで今回は、夏バテの原因であるカリウムやカルシウム不足についてまとめていきたいと思います。

これから本格的に夏バテシーズンになるので、今からしっかりと予防をして夏バテに負けないようにしましょう!

夏バテの原因は?

夏バテと一言でいっても原因はさまざま。

夏場にはどれも「あるある」な内容ばかりなので一通り覚えておきたいです。

がっつり食ってがっつり運動!なんて時代錯誤な事言ってちゃいけませんよ?

室内外の温度差

日差しが照り付ける猛暑の室外と、エアコンが効いた冷えた室内を出入りすると、その温度差に身体が疲れてしまいます

あまり実感することはないですが、知らず知らずのうちに体力を消耗しているんですよ。

この温度差が原因で

  • 自律神経の乱れ
  • 食欲不振
  • 倦怠感

などを招いてしまいます。

なので、夏場の冷房の温度は低くし過ぎないように注意しましょう。

節約の点からエアコンの温度はあげようと言われますが、温度を上げることは夏バテにも効果的なんですね。

夏は発汗がうまくできない

熱くてジメジメ、高温多湿な環境にいると、

汗の出口が詰まってしまい発汗がうまくできなくなります。

また、逆に暑いと発汗が過剰になりすぎて体の水分が足りなくなる場合もあります。

脱水症状ですね。

このように、発汗が多すぎても少なくても、正常に行われないと体温調節もうまくできないため、夏バテになってしまうんです。

夏場の睡眠不足

暑い日が続き、熱帯夜になると寝つきが悪くなるだけではなく、眠りが浅くなってしまい知らず知らずのうちに睡眠不足になります

睡眠不足になると本来の体力を回復できないため、疲労が蓄積され夏バテになってしまいます。

夜もエアコンや扇風機をつけて寝たり、氷枕をするなど、暑くてもぐっすり寝れるような対策をしましょう。

質の高い睡眠は仕事へのパフォーマンスにも影響します。

アイマスク、耳栓など、真っ暗で静かな空間を作ると深い眠りにつけますよ。

夏バテの原因はカリウム不足!

カリウムとは

カリウムとは、体内に存在する量がもっとも多いミネラルです。

ナトリウムとともに、細胞の浸透圧を維持調整する働きがあるため、生命維持活動の上で欠かせない役割を担っています。

また、身体に含まれている余計な塩分を体の外に出す効果もあります。

「低カリウム血症」

夏バテの原因であるカリウム不足を低カリウム血症と言います。

夏は特に大量の汗をかくため、

カリウムが汗とともに流れて失われてしまうため、低カリウム血症になってしまいます

カリウムは普通の食事で欠乏することはないそうですが、汗をかく夏は意識して摂取する必要がありますね。

夏バテの原因はカルシウム不足!

カルシウムとは

カルシウムはミネラルの一種で、丈夫な骨を作るために欠かせない物質です。

また、心臓や筋肉の動きにも関わっています。

ミネラルバランスの崩れ

先ほどのカリウムもそうですが、カルシウムも汗とともに流れていきます。

そうすると、カルシウム不足になり体内のミネラルバランスが崩れてしまい夏バテになってしまうのです。

夏バテを予防する方法!

 

夏バテの予防法はいろいろありますが、一番意識してほしいのが食事です。

積極的に夏バテ予防の食事をすることで、夏バテ知らずの体になりましょう!

カリウムを多く含む食品を食べる

「低カリウム血症」を防ぐために、カリウムを多く含む食品を食べましょう。

  • 刻み昆布
  • ほしひじき
  • バナナ
  • ほうれん草
  • さつまいも
  • パセリ
  • 切り干し大根
  • 味付け海苔

カルシウムを多く含む食品を食べる!

日本人はもともとカルシウムが不足がちと言われています。

日本人のカルシウム平均摂取量は、欧米の3分の1程度だそうです。

夏バテの予防のためにも、カルシウムは積極的に取りましょう。

  • 牛乳やヨーグルト、チーズ
  • 小魚
  • ひじきやわかめ
  • 豆腐や納豆

また、カルシウムはそれだけでは吸収率がよくありません。

ビタミンDやマグネシウム、亜鉛を一緒に取りましょう。

例えば、きのこ類や魚類と一緒に取るのがいいですね。

まとめ

  1. 夏バテは室内外の温度差で体が疲れてしまう
  2. 発汗がうまくできないので、体温調整もうまくできない
  3. 睡眠不足で体力を回復できない
  4. 夏バテの原因はカリウム不足による「低カリウム血症」
  5. 夏バテの原因はカルシウム不足によるミネラルバランスの崩れ
  6. 夏バテを予防する方法で一番意識してほしいのは食事
  7. バナナ・ほうれん草・さつまいもなどカリウムを多く含む食品を食べる
  8. 牛乳や小魚、豆腐などカルシウムを多く含む食品を食べる

働きすぎに注意!

夏場は暑くて素麺などさっぱりした食べ物ばかり、だから栄養も偏りがちになります。

おまけに睡眠不足で体温調整もうまくいかないとなると、他の季節に比べて体調が悪くなるのも納得できます。

そして日照時間も長いので、例えば外仕事の人は働く時間が1時間、2時間と長くなったり、週末には子供のイベントやお祭りで何かと行動していることが多くなりますよね。

ただでさえ働きすぎと言われている日本人。

真夏の暑い時期にイヤイヤ働いて辛い思いをする前に、もっと効率よく収入を手にして優雅な夏を満喫したいものです。

現在私の経験をもとに、副業や副収入を誰でも簡単に手にできる「今より豊かに暮らしたい人」に向けてメールマガジンを無料配信しています。

詳しくは以下をご覧ください。