お金

2000万円を貯金に何年かかる?ないと年金だけで老後生活できない!

金融庁が95歳まで生きるには年金だけでは足りない!

65歳からの30年間で2000万円の貯金を切り崩す必要がある。

という試算を出し、波紋が広がっています。

景気が少し良くなったとはいえ、このご時世で老後のために貯金をするのは無理がありますよね。

子供がいる家庭はなおさらです。

将来子どものために貯金したいのに、老後の自分たちのために2000万円なんて無理!何年かかってもできない!

こんな風になげいてませんか??

ですが2000万円問題、どうやら真相はちょっと違うみたい…。

ということで、分かりやすくこの問題についてまとめてみました。

そもそも年金って何?

話題になっている2000万円問題と年金について、

うーん、年金自体イマイチよく分かっていない・・そんなあなたに向けて。

ここで、年金についてサクッと一度理解しておきましょう。

年金って何のためにあるの?

公的年金制度は、あらかじめ保険料を納めることで、必要なときに給付を受けることができる社会保険です。

もし、公的年金制度がなかったら、私たちは、親の老後を仕送りなどで支えたり、自分自身の老後に自分だけで備えたりする必要があります。

中略

世代を超えて支え合うことで、その時々の経済や社会の状況に応じた給付を実現することができます。

公的年金制度は、予測することができない将来のリスクに対して、社会全体であらかじめ備え、生涯を通じた保障を実現するために必要なものです。

(引用元:厚生労働省 教えて!公的年金)

このように、年金はリスクに対して保障するものです。

必ずしも老後の生活を保証するためのものですよ~とは明言していません。

「毎月高いお金を収めているのに!」

と怒りたくなる気持ちは分かりますが、言い換えれば働けなくなったときに生活の足しになるように、という意味合いになります。

また、人によって毎月にかかるお金も受給額も変わります。

年金制度は2階建て

日本の公的年金は、

国民年金

日本に住む20歳以上60歳未満のすべての国民が加入する

 

厚生年金

企業に勤める人が加入する

この2階建てになっています。

 

引用元:https://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/structure

 

年金は20歳以降のライフスタイルによって加入する年金、月々に払う保険料が変わっていきます。

公的年金では被保険者の種別を以下のように区別しています。

被保険者の種別第1号被保険者第2号被保険者第3号被保険者
職業自営業者・学生・無職など会社員・公務員など専業主婦など
加入する年金国民年金のみ国民年金+厚生年金国民年金のみ

年金はいくらもらえるの?

会社員が払い続ける厚生年金は継続年数や、収めていた額(給料による)で大きく違いますが、平均を見てみると

厚生年金

  • 男性は16万5668円
  • 女性は10万3026円

国民年金

  • 5万5000円

厚生年金と国民年金は両方貰えますので(払っていれば)割と多い方だと男性で20万を超えるのがわかります。

ただし、平均値なのでもっと多くを貰っている人もいれば少ない人もいます。

極端に1万円以下の人もたくさんいるわけです。

総平均では、高齢夫婦の平均年金受給額は2人で約20万円と言われています。

2000万円貯金がないと生活ができない?

20万円あれば夫婦2人の生活なら成り立ちそうですが?

では何故2000万円ないと足りないと言われているのでしょうか?

理由は、高齢夫婦世帯の収入と収支が根拠として提示されています。

というのも20万円手元にあっても、

  • 実際の2人の生活は毎月5.5万円の赤字

だと総務省の調査であきらかになりました。

65歳から95歳まで毎月5.5万円の赤字生活を続けていると?

約2000万円の赤字になります。

また金融庁から出された報告書によると先ほど述べたように、

現代の働き方は多様化されているため、

以前は老後資金を退職金で賄えていた世帯がほとんどでしたが、そうではない世帯が増えてきている。

結果、老後の生活には年金の他に2000万円の貯金が必要と言われています。

年金だけで老後生活はできない?

逆にいえば、20万円で生活費できれば2000万円の貯金がなくても年金だけで生活できるということになります。

毎月5.5万円の赤字を続けたら2000万不足ってこんなの当たり前だけど・・言い方おかしくありませんか?

正直、年金受給額が20万円であれば、

「夫婦2人なら食費やその他の支出をもっと抑えて20万で生活できるはず」

と思った方は多いのではないのでしょうか?

もちろん支給額がもっと少なかったり、家賃やローンによって家計の状況が変わってくるので一概には言えません。

定年まで転職をする気がなく、退職金がきちんともらえる方や退職前より生活の質を落としても特に気にならないという方には2000万円問題は関係ないかもしれません。

TOYODA
TOYODA
だって毎月赤字5.5万だったら生活を変えればいいだけでしょう?

2000万円貯金するのには何年かかる?

単純計算になりますが、2000万円を月々の貯金額で割れば2000万円まで何年かかるか分かります。

いかがでしょうか。年金受給が開始される65歳まで間に合いそうですか。

ちなみにあなたが25歳だった場合、

2000万÷(65-25)÷12=4万2000円

つまり、毎月最低でも4万2000円貯金をしないと65歳までに2000万円は貯まらないということになります。

赤字の部分を自分の年齢に置き換えて、目指せ2000万!チャレンジしますか?

不安だけど2000万円の貯金は無理!という方へ

  • 転職を繰り返していて退職金は期待できない人
  • 厚生年金に入っていない人
  • 定年後も生活の質を落としたくない人

は確かに2000万円貯金をした方が良いですね。

しかし、日々の家計のやりくりをしながら毎月数万円の貯金をするのは厳しい…

  • 節約をして貯金をする。
  • 資産運用(投資)して儲けを貯金に回す。
  • 副収入を稼いで貯金に回す

このあたりの方法でコツコツやっていくしかありません。

金融庁が出している報告書には今後の対応として資産運用を勧めており、

各世帯にアドバイザーを付けることが望ましいとしています。

なので近い将来、政策でそのような対応が政策として取られるかもしれませんね。

まとめ

  1. ある程度年金が貰えるなら生活の質を落とせば年金だけでの生活も無理ではない。
  2. 2000万円の貯金には何年もかかるので投資等も視野に入れた方が良い。
  3. 無計画では老後の生活はできない。

ということが分かりました。

年金問題は前から言われていましたが、老後の生活を考えるきっかけになった方は多いのではないでしょうか。

今の政治を若者の将来のためにするにはやはり若者が選挙にいくしかないと思うので、忙しい毎日だとは思いますが政治に興味を傾けることが未来の自分たちのためになると感じました。

以上、「2000万円ないと年金だけで老後生活できないって本当?貯金に何年かかる?」でした。