ブログ構築

エックスサーバー申し込み手順|レンタルサーバーは簡単・安心で選ぶ

ブログ構築に欠かせないレンタルサーバー契約。

レンタルサーバーは文字通りサーバーを借りるということ。

サーバーは機材や環境を整えれば自分でもサーバーを構築することができますが、現在はほとんどはレンタルサーバー契約が主流です。

何十万もする機材や膨大な知識を必要とするサーバーはレンタルサーバーで契約だけ済ませれば安心してブログを運営できます。

独自ドメインと同じで、サーバーとはなに?という状態で全く問題なし。

レンタルサーバーはいくつか有名なものがありますが、今回は有名ブロガーも大手サイトも御用達の「エックスサーバー」の申し込みをやっていきましょう。

レンタルサーバーとは

  • ブログ→家
  • ドメイン→住所
  • サーバー→土地

インターネット上にブログを構築するうえでインターネットの仕組みを完全に理解している人はあまりいません。

数十年前に必要だったネット知識は今や不要。

上記のようにたとえ話程度にそれぞれの役割を理解しておけば問題ありません。

今回契約する「レンタルサーバー」は、ネット上にブログを構築する上で「土地」に例えられます。

ネット上で土地を借りて、独自ドメインで住所を取得、そしてこれからあなたの家となるブログを作りあげていくということですね。

→独自ドメインに関してはこちらを参照

エックスサーバーを選ぶ理由は安心・簡単

レンタルサーバーはエックスサーバーの他にもロリポップやさくらサーバーなども存在します。

レンタルサーバー選びで必ず目にするこの3社ですが、絶対的に初心者が使うべきはエックスサーバーだと思っています。

エックスサーバーを選ぶ理由

  • 高速
  • ユーザーが多い
  • 安心セキュリティ

ブログを構築していよいよ公開!アクセスしてみたらなかなかページが開かない・・

表示速度が遅い状態になってしまうと集客やSEOの観点で大きくマイナスになります。

ネット検索でページが速く表示されるかどうかはサイトの評価に大きく影響するからです。

これに関してエックスサーバーは最新24コアCPU & 大容量256GBメモリとなっていて、高速サーバーとして有名です。

ユーザーが多いというのは、ブログ運営をしていくとレンタルサーバーの設定を変えるような事が稀にあります。

そんなとき、専門用語がたくさん出てきて全然わからない!となりますが大丈夫。

ユーザーが多いということは、ネットに出る情報量も豊富。

何かトラブルの時も、個人で解決できればいいですが、ネット検索に頼るのであればエックスサーバーは絶対安心です。

そして365日24時間サポートがあるように、企業としても手厚いサポートを提供している点もエックスサーバーを選択するうえで重要なポイントです。

というわけで、何かを選択する時に優柔不断な私でもレンタルサーバーは黙ってエックスサーバー一択!とおすすめです。

エックスサーバー申し込み

それではここから、エックスサーバーの申し込み手順を画像つきで紹介していきます。

エックスサーバーは一度契約してしまえば複数ワードプレスでブログ立ち上げ可能なので早速契約に進みましょう。

エックスサーバーにアクセス

ますは

→エックスサーバーにアクセス

アクセルするとエックスサーバーのトップ画面に移動します。

初期費用半額キャンペーンなど時期によってはお得な期間もあるので当たればラッキー。

 

 

  1. 画面上部のお申込みをクリック
  2. サーバー申し込みフォームをクリック
  3. 初めてご利用のお客様側をクリック

申し込みフォーム・プラン選択

サーバーID:半角英数字小文字3から12文字の文字列

ブログ自体に反映されるわけではないのでなんでもOK
(IDやパスワードは忘れないうちにメモに残しておきましょう)

プラン:X10 を選択

プランについて、エックスサーバーにはX10・X20・X30とプランが用意されていて、数字が上がるにつれて、容量(100G、200G、300G)やデータ転送量や作れるブログの数が変わっていきます。

プランがあがるにつれて金額が高くなるのはもちろんですが、個人がブログを運営する上では最初のX10プランで困ることはありませ

むしろX20やX30にしても容量などはほとんど持て余してしまうので、迷わずX10を選択すればOKです。

  1. メールアドレス
  2. 名前
  3. 登録区分(個人・法人)
  4. 住所
  5. 電話番号
  6. 利用規約に同意にチェック

を入力して申し込み内容の確認をクリックします。

登録完了メールを確認

登録が完了すると以下のようなメールが登録したアドレス宛に送られてきますので確認しましょう。

登録完了メールの下の方には登録情報が記載されています。

エックスサーバーは

  • 会員ID
  • インフォパスワード
  • サーバーID
  • サーバーパスワード

と用途によってログインIDが違うので忘れずにメモに残しておきましょう。

支払い

登録完了しましたが、ここまでで支払いが済んでいません。

最初は試用期間となっていると思いますが、期間の終わりに思い出してあたふたするか、忘れてしまってアカウント凍結ということになるので、支払いは早めに済ませておきましょう。

まずは

→エックスサーバーのインフォパネルにログイン

  • 会員IDまたはメールアドレスを入力
  • インフォパネルパスワードを入力

会員登録完了メールに記載されていたものを使います。

支払い関連はインフォパネルの左側メニューに並んでいます。

支払い画面を開くとこのような画面があります。

  • チェックを入れる
  • 更新期間を設定(1年など)
  • お支払いを方法を選択

ブログ運営で更新期間が3ヶ月はあまりにも短いと思います。

私は1年ごとに更新にしています。

もし更新期間をすぎてしまい支払いをしていない状態だとサーバーが停止してしまいますので余裕をもった契約がおすすめです。

エックスサーバーの料金

キャンペーン期間中により初期費用が変わりますが、

月1000円×12ヶ月=年間12000円

X10プランの基本料金はこのくらいの初期費用となります。

独自ドメイン、レンタルサーバーなどブログ構築の初期費用は自己アフィリなどでしっかりと稼いでおくと安心です。

むしろ自己アフィリエイトでこの何倍も資金は準備できますね。

→自己アフィリエイトはこちらを復習

エックスサーバー申し込みの復習

  1. レンタルサーバーはネット上でいう土地にあたる
  2. エックスサーバーは最も人気でユーザー数が多く安心
  3. エックスサーバーのX10プランに申し込み
  4. 申し込みと合わせて支払いを忘れずに
  5. 契約年数は1年がおすすめ

レンタルサーバーという聞き慣れない言葉でも、実際申し込みをしてみると手順としては単純かつ簡単です。

独自ドメインと合わせてこのサーバー契約もブログ構築になくてはならないもの。

できれば独自ドメインと取得する作業と、エックスサーバーを契約する作業はまとめて一気に行うことをおすすめします。

※IDやパスワードの控え、メモを忘れずに!

ひとつ前のステップはこちら

→独自ドメイン取得する(お名前.com)

次のステップはこちら

→ドメインとサーバーを接続設定する