会社・副業

サラリーマンの副業が禁止の理由を判例とチェック!すぐに就業規則を確認

最近では国が副業を勧めている状況もあり、副業を始める人が増えています。

しかし、会社によっては副業を禁止しているところもあるんですよね。

そこで今回は、サラリーマンの副業が禁止されている理由や過去の判例を見ながら確認していこうと思います。

はあ、副業で稼ぎたいのにダメな理由ってなんなんだ?

少しでも副業に興味がある人はチェックしてください。

サラリーマンの副業が禁止の理由を判例からチェック!

やっかいな就業規則の規定

サラリーマンの副業が禁止されている理由として、会社の就業規則があります。

この就業規則の中に副業禁止の規定があるのです。

なぜ、会社によっては副業禁止の規定があるのか、主な理由をまとめてみました。

会社の業務に支障をきたす

副業をすることによって、本業の業務に支障が出る場合です。

特に、労働時間が増える場合には要注意です。

過去の判例

会社員のB氏は、勤務先会社の就業時間外に鉄工所のY会社に雇用されて副業収入を得ていました。勤務先会社は、同社の就業規則に基づいて、B氏を懲戒解雇しました。

しかし、B氏はこの懲戒解雇を不服として裁判所に提訴。

裁判所は一般的に就業時間外は労働者の自由であると認めながらもB氏の場合は、勤務先会社での本業に支障が出るほどの副業の勤務時間であったとして、懲戒解雇は正当と認めました。

会社と競合関係になる

競合関係になると、本業である会社の売り上げに悪影響を及ぼす場合があります。

例えば、本業である会社の取引先から安く仕入れて、副業で販売するケースです。

副業をするときは、違う業種を選びましょう。

過去の判例

靴小売店の商品部長が、自ら会社を設立して同業を営んだため解雇されました。

具体的な損害などは認定されていませんが、本業の取引先から仕入れを行なったことが解雇相当の重要事実と認定され、

裁判所は、信頼関係を損なう背信的行為であると認めるとして、解雇は有効と判断しました。

会社の信用がなくなる

会社への信用がなくなる場合とは、反社会的勢力とつながりを持つことです。

反社会的勢力に利益を及ぼすことは法律違反なので、会社の名前が公表され、会社の信用をなくすことにつながります

また、副業で犯罪行為を行なうことも会社の信用がなくなることにつながりますよね。

これらの判例は見つかりませんでした。

サラリーマンの副業は本当に禁止なの?

会社の就業規則には副業禁止の規定がありますが、そもそも本当にサラリーマンの副業は禁止なのでしょうか?

法律的観点から見てみましょう。

法律的には禁止されていない

会社の就業規則に副業禁止の規定があるかもしれませんが、法律的にはサラリーマンの副業はオッケーなんです。

でも、本業である会社に損害を与えるようなものはダメです。

→副業ランキングトップ10|男性におすすめ在宅ワーク【2019年】

就業時間外は本人の自由

就業時間以外の時間は、本人の自由です。

会社もその自由な時間にまで介入することはできません。

なので、就業時間外に副業を行なうことは問題ないと思われます。

公務員の副業は禁止されている

サラリーマンの副業は法律的に禁止されていません。

でも、公務員の副業は、国家公務員法や地方公務員法で禁止されています。

→公務員の副業がバレない方法|公務員でも許可されている副業とは?

サラリーマンの副業は禁止されている?就業規則をチェックしよう

会社の就業規則に副業禁止の規定があった場合は、基本的に副業はやめておいた方がいいでしょう。

万が一、その規則に反してしまい裁判になった場合は大変です。

もし解雇にならなくても裁判沙汰になれば、会社に居づらくなりますよね。

でも、法律的には副業は禁止されていないこともわかりました。

副業を始めたいサラリーマンは、必ず会社の就業規則をチェックしてください。

規則に反していなければ、副業がオッケーの会社もあるかもしれません。

副業が推奨されている時代ですし、働き方も自由になってきているので、もしかしたら昔はダメでも今は副業オッケーになっている会社もあるかもしれませんよ。

まとめ

  1. 就業規則の副業禁止の規定により、サラリーマンの副業が禁止されている
  2. 会社の業務に支障をきたす場合があるため
  3. 会社と競合関係になる場合があるため
  4. 会社の信用をなくす場合があるため
  5. 副業をして会社を解雇された判例もある
  6. サラリーマンの副業は法律的に禁止されていない
  7. 公務員の副業は禁止されている
  8. 副業を始めたいサラリーマンは必ず会社の就業規則をチェックする

副業がもたらす未来

会社が副業を禁止する意味や理由もわかりますが、副業をしなくても困らない給料や働き方ができています?

高い給料や自由な時間があり、会社員が本業だけで豊かな生活ができるという人は残念ながら日本ではほんの一握り。

「あっ俺はその一握りだ、給料も十分だしこれ以上なんにも要らない」残念ながらここまで読んでくれたあなたはそうではないですね・・・

1ヶ月の給料があと3万円、5万円高かったらどれだけ好きなことができるでしょう。

そもそも副業をしたい人は、家計が赤字続きだとか、将来の子供の為に貯金、しっかりと貰えるかわからない年金など、今よりもっと稼いでおきたいなど切実な悩みがあります。

このまま本業の給料を5年.10年と重ねても残念ながら給料が大きく増額したり給料に対する不安が解消することはないんです。

私自身、副業をしたいけど何をしていいかわからずかなり長い期間ムダにしてきたのでよくわかるんですよね・・あーなんでもっと早くから副業してなかったんだと後悔しています。

現在、私はこれまでの経験を活かして、将来のために今すぐ行動したい人に向けて無料のメールマガジンを配信しています。

詳しくは是非下記をご覧ください。