子育て

小学校の英語教育はいつから始まった?2020年英語教師不足で問題山積み

小学校の英語教育小学校の英語教育が大きく変わることになりました。

2020年4月より、学習指導要領が変更し、外国語(英語)は小学5・6年生は、年間授業数が70時間になります。

このことにより、通知表での評価にもなるため、外国語(英語)のテストなどで評価をしようと考えている学校も多いです。

ですが、小学校の英語教育には現在かなり限界が来ています。

今回は、小学校の英語教育について詳しく調べましたので、ぜひご覧ください。

  • 小学校の英語教育:いつから始まった?
  • 小学校の英語教育:2020年英語教師不足?
  • 小学校の英語教育:問題は山積み?

小学校の英語教育はいつから始まった?

小学校の英語教育が始まったのは2011年度から。

英語教育というものの、名目上は「外国語」とされています。

ですが、実情は英語のみなので一般的には「英語の授業」と思っている人が多いです。

2011年度から始まった小学校の英語教育が9年経った2020年度、大幅に変わろうとしています。

小学校の英語教育:なぜ始まった?

小学校の英語教育は、振り返ると明治時代から検討がされていました。

その理由は、日本は将来、グローバル化をすると予測したものでした。

その予想は的中し、現在日本では英語をよく使う仕事に勤めている人も多くいます。

平成15年度より本格的に討論され、ついに2011年4月から小学校の英語教育が始まりました。

小学校の英語教育:2020年度からどのように変わる?

新しい学習指導要領を確認しました。

小学校の英語教育はこのように変わります。

現在
小学5・6年生の必須科目であった
聞く・話すが英語授業のメインであった
2020年度から
前倒しして3年生から行う
読む・書くも追加され、授業数も70時間になる

中学校に入り、いきなり専門的な英語を学んでもついていけない場合があります。

そのため、小学校の早い段階で外国語として授業の内容を充実させようという思惑があるのでしょう。

小学校の英語教育:2020年英語教師不足?

小学校の英語教育:2020年英語教師不足というのは本当です。

2008年12月:教員採用試験に英語を盛り込むよう、政府が通知しました。

そのため、早くても2010年頃から教師になった人は英語の試験をクリアしています。

ですが、それ以前に教員採用試験を合格した教師は、英語の試験を受けていません。

また、英語教師というものはそもそも小学校には存在しません

小学校は、担任の先生が全教科を教えるということが基本的な内容です。

自治体によっては専任教師を設置すると決めているところもあります。

ですが、専任教師=英語が堪能な教師ではありません。

このため、2020年英語教師不足は全国各地で起きる可能性があります。

小学校の英語教育:問題山積み?

小学校の英語教育での問題点

  • 教師の不足
  • 教師の英語のスキルがない
  • 2020年度から始まるが、準備があまり進んでいない

などです。

正直、現段階での教師の英語レベルは低いといえます。
(もちろん堪能な人材がいる学校もあるでしょう)

例えば、

  • in the〜
  • at the〜

と、黒板に書くことが出来る教師は多いです。

ですが、発音が棒読み状態なので、

  • 小学校教師のleft・lightの発音は、
  • プロ野球試合のウグイス嬢がする守備位置紹介:レフト・ライトの発音とほぼ同じ

でした。

この状態で、2020年から英語教育に力を入れますと言われても、信じがたいと思ってしまうほどでした。

まとめ

  1. 小学校の英語教育:いつから始まったか?というと、2011年度からである
  2. 小学校の英語教育:2020年英語教師不足は本当で、ベテラン教師ほど英語が出来ない
  3. 小学校の英語教育:問題山積みというのは本当で、教師の不足だけではなく、教師のスキル不足も懸念されている

小学校の英語教育は今後どうなるのでしょうか。

形だけの英語教育をし、中学校で専門教師に教えられるとギャップは必ず生まれます。

このギャップは2020年度に起きる可能性は非常に高いです。

将来に備えた行動を

英語が教科化されることにより、子供の教育に良いことだと思える人もいるかもしれません。

ただ、英語に関して、力を入れている親であれば英会話スクールに通わせたり、子供にお金を掛けて学校で困ることがないようにしているものです。

そうした土台がある子供と、初めて小学校で先生から習う子供とで学力を比べられたら正直言って目も当てられません。

現在の子供は習い事のひとつやふたつ、誰でも当たり前にこなしている風潮もあります。

ところが英会話は非常に費用がかかる。

子供の教育に少しでも不足ないように努めたい気持ちがありながら、家計の状況から断念せざるを得ないパパママも少なくありません。

「お金をかけてあげたいけどウチに余裕はない」と困っている方には、

現在、私が副業で成功した全てのノウハウを無料で公開してますので、ぜひ以下をご覧になってくださいね。