暮らし

憧れのシェアハウスの費用|東京で安い・おしゃれを叶える1人暮らし

東京で一人暮らしを始める人へ

物件の候補に、「シェアハウス」って入っていますか?

東京って家賃高いけど、できるなら安く抑えたい!でもそこそこおしゃれな部屋に住みたい・・

そんな要望を叶えるのが、シェアハウス。

若い世代に人気、今や珍しくもないシェアハウス。

けれど今いちピンとこない部分がありますよね。

そこで今回は東京で安い・おしゃれをテーマにシェアハウスのひとり暮らし事情を見てみましょう。

シェアハウスってどんな暮らし?

TOYODA
TOYODA
シェアハウスとは、自分の部屋とは別に、共同で利用できるスペースがある賃貸住宅のことです。

共有スペースには、以下のものがあります。

  • キッチン・浴室・トイレなどの水周りスペース
  • テレビなどが置いてあるリビング

外国人の入居者も多く、異文化に触れ合える機会もたくさんあります。

いろんな考えや価値観に触れ合い、視野を広げたい人に特に人気があります。

そもそも一人暮らしにかかる費用は?

部屋を借りるとき必要な初期費用

家賃の5ヶ月分が目安とされています。

●敷金(目安は家賃1ヶ月分)

賃貸物件を借りるときに、保証金として大家さんなどに預けておく費用です。
退去時の原状復帰をするときの修繕費として使われます。

 

●礼金(目安は家賃1ヶ月分)

賃貸物件を借りるときに、大家さんに謝礼として払うお金です。

 

●前家賃(家賃2ヶ月分)

入居前に入居月と翌月の家賃を支払います。
月の途中から入居する場合は、日割りになります。

 

●その他

仲介手数料・火災保険・管理費・共益費・鍵交換費用など

敷金礼金なしの物件もありますが、そのような物件は駅から遠かったり、相場より家賃が高かったりします。

家具・家電・生活必需品をそろえるためにかかる費用

平均20万円

実家から持ち込んだりすることで、安く抑えることもできそうです。
でも、テレビや冷蔵庫、電子レンジは買う場合が多いですよね。

引っ越しにかかる費用

約3~10万円

引っ越し料金は、「荷物の量」「時期」「距離」によって料金が変わります。

なるべく荷物を少なくして、業者の忙しい時期(3・4月など)を避けると、費用を抑えることができます。

通常の賃貸物件に引っ越して暮らす場合

東京での一人暮らしの家賃相場は、5~8万円

物件を借りて、引っ越し、家具家電をそろえるだけで、

約50万円かかる計算になります。

また、暮らし始めると、毎月の家賃や光熱費などがかかります。

一人暮らしの生活費の平均は、約12万円です。

シェアハウスは安いの?

シェアハウスを借りるときに必要な初期費用

シェアハウスの初期費用は、賃貸物件の約半分に抑えられるんです!

半分?!それは安い

その理由が、以下の通りです。

  • 敷金礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • 退去時の修繕費・クリーニング代なし

※その代わり、契約手数料約3万円がかかる場合があります。

シェアハウスで家具・家電をそろえるためにかかる費用

ほぼゼロです。

シェアハウスでは、家具家電つきがほとんどです

消耗品の購入も、運営業者がしてくれます。

シェアハウスに引っ越すためにかかる費用

シェアハウスは家具家電もついていますので、荷物の量は最低限に抑えられそうですね。

業者に頼む必要もないかもしれません。

シェアハウスに引っ越して暮らす場合

東京の人気エリアのシェアハウス平均家賃は、約6万5千円

シェアハウスは、光熱費や通信費も家賃に含まれている場合がほとんどです。

なので、毎月の生活費は約10万円に抑えられます。

通常の賃貸物件は、初期費用で約50万円。毎月の生活費が約12万円。
それと比べると、かなり安いことがわかります。

共同スペースの定期的なメンテナンスや基本的なルールの作成も、運営業者がやってくれるので安心ですね。

おしゃれなシェアハウスがたくさん!

いろんなコンセプトを持ったシェアハウスがあります。

広いキッチンがあるシェアハウス

料理好きにはおススメです。
作業スペースが広くて、複数人で楽しく料理ができます。

英語が身につくシェアハウス

共有スペースは英語で話すというルールがあります。
週2回の英会話レッスンがあるところもあります。

家庭菜園ができるシェアハウス

家庭菜園専用の共有スペースがあります。
東京では難しいと思いがちな家庭菜園も、より楽しくできそうですね。

大豪邸を改装したシェアハウス

通常の賃貸物件では体験できない豪華な暮らしが味わえます。

和の空間があるシェアハウス

掘りごたつや縁側などがあります。
都会の雰囲気から離れたい人にはいいですね。

その他

ペットOKのシェアハウスや、シアタールーム・フィットネススタジオ・防音ルームがあるシェアハウスもあります。

自分の趣味にあったシェアハウスを探したり、逆に趣味を見つけるためにシェアハウスを選ぶのも楽しいですね。

シェアハウスには普通のひとり暮らしにはない魅力がたくさんあります。

まとめ

  • 部屋を借りるときに必要な初期費用(家賃5ヶ月分)
  • 家具・家電をそろえる費用(平均20万円)
  • 引っ越し費用(約3~10万円)
  • 東京の賃貸物件に暮らす生活費(約12万円)
  • シェアハウスに必要な初期費用(通常の賃貸物件の半分)
  • シェアハウスで家具・家電そろえる費用(ほぼゼロ)
  • シェアハウスに引っ越し費用(業者に頼む必要がないレベル)
  • 東京のシェアハウスに暮らす生活費(約10万円)

東京の人気エリアでも、費用が安くおしゃれな家に住める

シェアハウスに暮らして、いろんな価値観に触れ合えるのは、大きな財産になりそうです。

以上、「憧れのシェアハウス!東京で『安い』『おしゃれ』を叶える暮らし!」でした。