メンタル

職場で合わない人のストレス|溜め込まず愚痴を言った方がいい?

会社というのは職場の中や外で多くの人と関わり、協調しながら仕事をしないといけません。

仲間がいるからこそ頑張れたり、大きな成果が出せることも多いんですが、その半面、ストレスも溜まりやすいものです。

特に、「人間関係」というのは悩みやストレスの一番の原因とも言われています。

職場に対するストレスで生活にも支障が出そう・・・一体どうしたらいいんだろう

今回は職場が合わない人で、ストレスを感じている人に”愚痴ること”の効用を解説します。

職場で合わない人のストレスは溜め込まず愚痴った方いい理由

ストレスは外に出すべき=愚痴を言えばOK

職場というのは育った環境はもちろん、年齢や思想も異なる人達が集まった場所です。

職場によっては内部の人間だけでなく、外部からも頻繁に人が訪れるようなところもあります。

接客業なんかは社内の人よりも、お客様との人間関係がストレスになる人も多いでしょう。

人と人の関わりというのはどうしてもストレスになりやすいものです。

(アドラー心理学では「全ての悩みは人間関係に起因する」と喝破しています)

職場が合わずストレスを感じている人にオススメしたいのは、愚痴ることです。

愚痴を言うことはネガティブに捉えられがちですが、感情のガス抜きとしてはとても重要だからです。

愚痴をいうことを否定しないほうがいい

真面目な人ほど、愚痴をいいそうになるとブレーキをかけます。

もしかしてあなたも「愚痴を言わないようにしよう。」と無理に自分を操作していませんか?

「愚痴なんていっちゃダメだ!愚痴を言う自分がダメなんだ…」

何ていうふうに元の問題を忘れて自分を責め初めるる人もいるくらいです。

しかし、そういう生真面目さは知らず知らずのうちに自分の心を蝕んでしまいます。

なぜなら、結果的に自己否定をしているから。

 

コップの水があふれる前に、愚痴を言って水を減らそう

日本はうつ病が多いと言われますが、うつ病を発症する人の多くは非常に真面目で勤勉な人が多いんです。

そういう人たちはひたすらに我慢し、自分を責めてしまいます。

その積み重ねで(我慢の感情の)コップの中の水がいっぱいになり、溢れてしまい、うつなどの心の病気を発病するんです。

コップの大きさ、容量は人それぞれです。

だから忍耐強い人もいれば、ちょっとしたことで心を病む人もいます。でもこれは持って生まれた性質であり生得的なものですから、人と比べる必要はありません。

「最近、ヤバイかも…」

と思ったら、自分を責めずに愚痴を吐き出し、溢れそうな水を減らしましょう。

合わない人への愚痴をうまく吐くコツ

とはいえ、愚痴ばかり言っていると周りから嫌われます。

職場にいますよね、文句や不平不満ばっかり言ってる人って。

(そういう人に限って、会社の文句ばかり言うくせに最後までしがみついたりします)

そうならないための愚痴のコツが2つあります。

  • 愚痴を言う相手は会社関係者以外にする
  • ネガティブを吐き出しつつ、ポジティブな視点を足す

愚痴を言う相手は会社関係者以外にする

まず、職場が合わない人の場合、愚痴を言う相手は社外の人にしましょう。

なぜなら、受け手によっては悪口に聞こえてしまうからです。

職場のストレスについて愚痴る場合、親や兄弟、恋人や職場の異なる友達が良いでしょう。

できれば“ただ聞いてくれるだけの人”がいると最強です。

だって、愚痴を言って説教されたり正論を返されたらしんどいですから。

職場の上司が私にばかり仕事を押し付けてきて嫌になる!手が空いてる人もいるのに私にだけあれやれこれやれっておかしくない?!
だったら上司に〇〇さん手が空いているようなのでお願いできませんか?って言えばいいじゃん、なんで引き受けるの?なんでそのとき断らないの?

・・・正直、私たち夫婦の会話に多いパターンです。

男性の脳は物ごとの答えを見つけたり合理的に問題解決しようとするんですね、でも女性は「愚痴を聞いてもらいたいだけ」

男女に関わらず、愚痴を言いたい側と受け取る側の意図が違うと激しく疲れます。

特に愚痴を言う側は、なるべくウンウンと聞いてくれる人に愚痴を言うことをオススメします。

ネガティブを吐き出しつつ、ポジティブな視点を足す

愚痴に限らず、悩み事を言語化すると気が楽になります

そして気が楽になると同時に、喋りながらアイデアが生まれたりします。

こんな経験はないでしょうか?

「あのさ、前に買ったハンカチが見つからないんだけど知らない?確か一回使って洗濯して、そのあとタンスの…あ!思い出した!」

という感じで、相談してるうちに思い出したり解決したり。

これと同じように、愚痴るときも愚痴りつつ心の中でポジティブに変換する工夫をしましょう。ポイントは常に別の視点を持つことです。

そうすると、ネガティブな愚痴を吐き出しつつも、徐々にポジティブな視点が足されていきます。

まとめ

今回は、職場が合わない人はストレスを溜め込まず愚痴った方いい理由を紹介しました。

  1. 愚痴ることは悪いことではない
  2. 愚痴を言うことでガス抜きする
  3. 職場の愚痴は職場外の人に言う
  4. ポジティブに変換できる工夫をする

職場で心にゆとりができる方法

何でもかんでもポジティブにしていこう!なんていうつもりはありません。どうにもならないこともあります。

大切なことは、自分を責めず、ときにはわがままに愚痴ること。

もし職場でストレスを抱えたまま、数カ月、数年が過ぎてしまった場合、どんな影響が出るでしょうか?

ストレスは精神的に悪影響があるだけでなく、肉体的にも病気の元になったり不調を引き起こす引き金となります。

ストレスを貯め込むことで、いつしか表情が険しくなったり、いつもうつむき加減でいたりと、あなたの人としての魅力が激減してしまうことは言うまでもありません。

それがあなただけでなく、大切な家族や友人にも影響していたら?

そんな最悪な事態を迎える前に、職場でストレスを感じたときに、今よりも心にゆとりが持てる方法は「会社に依存しすぎない」ことです。

職場がストレスの元だから今すぐ転職しよう!そんな風に行動できるに越したことはありませんが、急激に生活環境を変えることは難しい場合もあります。

まずは生活の為に給料をもらっている、いわば会社に依存しなければ生きていけない状況を変えることです。

現在、私はこれまでの経験を活かして、現状を変えたい人・会社に依存しない生き方をしたい人に向けてメールマガジンを無料で配信しています。

詳しくは以下をぜひご覧ください。