暮らし

【ストレスの発散方法】男性におすすめのストレス低減リスト|悩みは忘れる

仕事や人間関係でストレスを感じることってありますよね。

職場でのプレッシャー、家庭内でのアレコレで徐々にストレスがたまり、「アァァァ!」っとか「もーーーーっ!」とか叫びたくなることはないでしょうか?

365日ストレスフリーで過ごせたらどんなにいいか。

相手が誰であろうと自分以外の人と関わる限りノーストレスはないです。

はい、超ポジティブな私でもダメなときはダメ。

自分で気づくほどストレスがたまっていなくても、ストレス発散は定期的にしておくほうがいいですよ。

健康面でも仕事面でもストレスが原因でうまくいかないことはたくさんありますから。

今回は男性にオススメのストレス発散方法をいくつかご紹介します。

【ストレスの発散方法】男性にオススメのストレス発散術

ストレスの発散方法というのは人の数だけあるとも言えますから、あげればキリがありません。

そこで今回はあえて自身の個人的なストレス発散術を紹介します。(ちなみに私は30代の男性)

あ~こんなストレス発散している人もいるんだな、じゃあ俺もやってみようかな!と思ってもらえるものがあれば幸いです。

  • 散歩
  • サウナ
  • 普段しない食事
  • ドライブ
  • キャンプ
  • 釣り
  • ジョギング
  • 料理
  • 音楽を聞く
  • 本を読む
  • 子供の頭を撫で回す

散歩する

ストレス低減

ストレス発散の王道、散歩です。

「趣味は散歩です」

なんて言うと老人のような扱いを受けることがあるんですが、散歩の効果はバカにできません。

仕事が煮詰まったり、人間関係でイライラしてストレスを感じてる場合、近くの大きな公園を10分程度歩くんですが、それだけでずいぶんと気がラクになります。

そして仕事のアイデアが降りてきたりします。

難しいことも準備するものも何もいりません、天気の良いお昼でもよし、夜の静けさを楽しむもよし。何も考えずに歩いてみましょう。

サウナ

ストレス低減

1セット 12分サウナから水風呂3分 ×3セット

サウナはストレス低減にほんとにオススメ。

サウナに行くと必ず常連のおっちゃんが鎮座していますが、サウナにハマり通いたくなる理由がわかります。

サウナはただ軽く入るだけでなく3セットを基本にしてみてください。

たいていのサウナには1周12分の時計が設置されてます。

こんなやつです。

一周まわると12分。低音のサウナなら余裕ですが一般的なサウナなら割と辛いと思います。

12分耐えたら水風呂にドボン。※かけ湯で汗は流しましょう。

肩までしっかり水に使って思考回路が停止するまで水につかりましょう。

そのあと2セット目のサウナが天国です。

縮まった血管に血が生きたわり体と頭がジンジンて、頭の中のゴミ箱をひっくり返して空っぽになったようにスッキリします。

これを書いていて決めました、今日もサウナ行ってきます。

普段しない食事

ストレス低減

これはある意味現実逃避というか、自分の視界をグンと広げてストレスを忘れます。

食事って、1年通してだいたい同じもの食べてませんか?

家族を持つと特に同じものを食べている傾向が強いはず。

例えば、朝ごはんは毎朝パンと目玉焼き、昼は弁当や会社の食堂、夜は決まった手料理で週末はお決まりのファミレスやチェーン店など。

人によってメニューは違うけどルーティン化しているんです。

そこで気分転換をしたいときには思い切って普段しない食事にします。

  • スーツを着て高級フレンチ
  • 路地裏の謎の居酒屋
  • 潰れかけの定食屋
  • クルーズディナー

値段の高い安いは関係ありません。

とにかく普段の生活に「馴染みがない場所」に足を踏み入れてみることです。

食事が目的というよりも、自分のコミュニティにはない人種や空気感と触れることで、自分のストレスをちっぽけに感じるようになりますよ。

ドライブ

ストレス低減

こちらもストレス発散の定番。

ドライブの良いところは独りごとをぶつぶつ言えること、そして適度に思考がバラけること。

部屋で悶々と悩んでいると考えすぎてしまうんですが、車の運転をすると必然的にいろいろと気をつけないといけませんから、いい意味で思考が分散されます。

他車の動きや歩行者の動き、信号などなど常に頭の中が回転しています。そのおかげで凝り固まっていた脳みそがかき回されます。

キャンプ

ストレス低減

仕事や人間関係のストレスが最も減るのはキャンプじゃないかなと個人的に思ってます。

キャンプに行った事がない人にとってはハードルが高く感じるかもしれませんが実はそんなことありません。

初めから道具なんて揃えなくていいし、クルマがあれば車中泊だっていい。

ゆらめく焚き火をのんびり眺めながらお酒を飲み、夜空を見上げれば「こんなに星があったのか」というくらい満点の星空。

時計もスマホも見ずに、眠くなったら眠る。自然の中で飲む朝のコーヒーは絶対にスタバの一杯よりも価値ありです。

→キャンプで持ち物を減らすには?キャンパー直伝「実は不要なもの」

釣り

ストレス低減

その昔は「悪魔の趣味」と言われていた釣り。

これはなんでかというと、一度ハマるとやみつきになって抜け出せないほど魅力があるということ。

ストレスがたまってくると「釣りに行きたい!」という思いが強くなるんです。

釣りといっても私の場合は人の多い堤防ではなく、人気のない場所を求めてある意味冒険します。

堤防みたいな人の多いところは何かとストレスやトラブルもつきものですからね。

日本は島国ですからどこでも釣りができます。自分だけの秘境を求めて釣りに行き、釣れたら夕食に腕をふるいます。

刺し身・煮物・しゃぶしゃぶ・ソテー、全部自分でさばいて作って家族が「おいしー!」と言ってくれれば100点。

もちろん坊主(なんにも釣れない)もありますが・・

ジョギング

ストレス低減

ストレス解消の情報には「適度に運動しましょう」と決まり文句がありますが、なかでもジョギングはオススメです。

あくまでジョギング。マラソンのように辛い思いをしてゴールを目指しません。

LSD(ロング・スロー・ディスタンス)といって会話できるくらいスローペースでなるべく長い時間走ります。

歩くに毛の生えた程度でいいんです。

オススメは好きな音楽を聞きながらお気に入りのウェアを着て走ります。

ランナーズハイになったころには頭の中は妄想だらけで自分がヒーローになったりしています。

きっとジョギングする人にはわかるはず。ジョギングも世界観が一変する立派なストレス解消法です。

重い腰をたまには上げて玄関を開けましょう。

料理

ストレス低減

料理は主婦の仕事の代表であり、なぜか「面倒なもの」と敬遠されがち。

でも私は料理が好きで料理をするとストレス発散になります。

食べるためというよりも、作る手順や工程を考えて準備から完成まで無駄なく料理をつくります。

上手にできたときには達成感で一杯になるし、もちろん美味しいからお酒も進み家族団らんがより楽しいものに。

あまり凝ったものはできませんが昨日は初めて生地からピザを手作りに挑戦してみました。

意外と簡単でびっくり。

料理ができると原価がよくわかるので外食の値段の高さに驚きます。

音楽を聞く

ストレス低減

ストレスにもいろんな種類がありますよね。

しんどくて元気が出ない場合や、むしゃくしゃしてイライラするときなど。

元気がない時はなるべく静かに心を落ち着かせる方がいいですが、そうではなく気分を変えたい、なんだか気分が晴れないそんな時は音楽です。

むしゃくしゃするタイプのストレスを感じた時、ヘッドホンをして爆音で音楽を聞きます。これは耳に良くないですからあまりオススメはできませんが、結構スッキリしますよ。

本を読む

ストレス低減

気分が落ち込むようなストレスを感じた場合、私は本を読みます。

読書自体はほぼ毎日してるんですが、気分が落ち込んだときはお金関係の本を読むんです。わかりやすいところで言うと、ロバートキヨサキの金持ち父さん貧乏父さん。

なぜなのかは自分でもよくわかりませんが、金融系の本は妙に落ち着くんです。笑

逆にストレスを減らしたいからとストレス解消!系の本を読んでもイマイチですね・・

漫画ではなく活字を読み、頭で考えることでストレスから遠ざかるのかもしれません。

子供の頭を撫で回す

ストレス低減

ストレスを感じでムスッとしまうと、家庭内の空気が悪くなってしまいますよね。そんな時、子供の頭を撫で回して気を静めるようにしています。

子供独特の柔らかい髪の毛や頭皮の感じが、最高にストレスを発散してくれます。最近は子供が嫌がり始めてるので、卒業しないといけないかもしれません、寂しい…。

まとめ

今回は個人的なストレス発散方法をご紹介しました。

同じ男性であればどれか1つがあなたのストレス解消法になるかもしれません。

  1. 散歩
  2. サウナ
  3. 普段しない食事
  4. ドライブ
  5. キャンプ
  6. 釣り
  7. ジョギング
  8. 料理
  9. 音楽を聞く
  10. 本を読む
  11. 子供の頭を撫で回す

ストレスの最大の敵はお金

ストレス発散も大切ですが、ストレスが溜まりにくい環境づくりも大切です。

そもそもストレスが溜まる理由は「満たされてない」から。

世の中のほとんどの事はお金があれば解決できる、ストレスにならないものが多いです。

家庭でストレスを感じている方は原因のひとつにお金がありませんか?私はお金がなかった時代、妻とよくケンカをしてました。

なぜかと言えばできないことが多かったから。

好きなものを食べたい→お金がもったいない、趣味をはじめたい→お金がかかるから初められない。週末にお出かけ→できればお金がかからないところ・・

なかなか給料を増やしたり転職をしたりなんて生活が大きく変わることや面倒なことはできませんが、お金を増やすのは何も難しいことではありません。

現在、わたしのこれまでの経験を活かし今よりストレスのない生活を送りたい人に向けてメールマガジンを無料配信しています。

ぜひこの機会に詳細は以下をご覧ください。