お金

闇営業に落ちたお笑い芸人まとめ|キートンのコメントが吉本を変える?!

吉本興業のお笑い芸人が、詐欺グループの忘年会に参加し金銭を受け取っていたとして大きな社会現象となっています。

このような事務所を通さずに仕事を受ける「闇営業」ですが、

今回発覚した闇営業をしているお笑い芸人の他にも実はたくさんいるんだとか。

そこで今回は、闇営業で落ちたお笑い芸人や、過去に闇営業をしていたお笑い芸人をまとめていきます。

また、核心をついたピン芸人の「キートン」のコメントにも注目して見ていきましょう。

闇営業で落ちたお笑い芸人まとめ

入江慎也(元カラテカ)は吉本興業を解雇されましたが、他のお笑い芸人15人が闇営業に落ちてしまい謹慎処分になりました。

  1. 宮迫博之(雨上がり決死隊)
  2. 田村亮(ロンドンブーツ1号2号)
  3. レイザーラモンHG
  4. 福島善成(ガリットチュウ)
  5. 加藤(ザブングル)※ワタナベエンターテインメント所属
  6. 松尾(ザブングル)※ワタナベエンターテインメント所属
  7. くまだまさし
  8. パンチ浜崎(ザ・パンチ)
  9. 木村卓寛(天津)
  10. ムーディ勝山
  11. 常道(2700)※無期限謹慎処分
  12. 八十島(2700)※無期限謹慎処分
  13. ディエゴ(ストロベビー)
  14. 真栄田(スリムクラブ)※無期限謹慎処分
  15. 内間(スリムクラブ)※無期限謹慎処分

①~⑬のお笑い芸人は、元カラテカの入江が仲介した詐欺グループの忘年会に参加し金銭を受け取っていました。

宮迫博之に関しては、テレビで見ない日はないほど活躍していただけあって衝撃でしたね。

⑭⑮のスリムクラブは、飲食店オーナーの誕生日パーティーと言われて参加したのが、暴力団関係者のパーティーだったそうです。

【ナダル(コロチキ)】

ナダルに関しては、闇営業をしていたことをテレビで自白してしまいました。

番組は「水曜日のダウンタウン」で、放送されたのが闇営業の報道がされた直後だったのがビックリでした。

【東ブクロ(さらば青春の光)】

東ブクロもナダルと同じく、「水曜日のダウンタウン」で闇営業をしたことを自白しました。

過去に闇営業をしていたお笑い芸人

【楽しんご】

楽しんごは、闇営業の仕事が取りやめになった際に、キャンセル料を請求してトラブルになったそうです。

その後、吉本興業から契約解消されています。

【島田紳助】

島田紳助は闇営業ではありませんが、暴力団関係者との不適切な交際を理由に、2011年に芸能界を引退しています。

ちなみに、島田紳助の復帰計画があったそうですが、今回の件でなくなったと言われていますね。

島田紳助は根強い人気でネットでも復帰を望む声が高かったんですけどタイミングは最悪です。

お笑い芸人キートンのコメントが吉本を変える?!

吉本興業に所属しているピン芸人のキートンが、闇営業についてTwitterで今回の闇営業問題の核心をつくコメントしています。

全文読んで、会社に対して本音をここまで言えるのはすごいなと思いましたよ。

キートンのコメントには、吉本興業の現状と闇営業の関係が書かれています。

6月7日には、

「ちゃんと仕事、営業を入れて、ちゃんとしたギャラガ振り込まれたら、闇営業なんて行かねーよな」

また、吉本興業が実施したコンプライアンス研修では、反社会的勢力についての説明があったものの、

「今後のマネジメントや待遇の改善、契約などについての話は一切なし」だったそうです。

そして、コメントでキートンが考える「やるべきこと」を挙げています。

  • 全芸人6,000人に仕事を入れる(これが最高ですが無理)
  • 芸人を減らす(厳しい決断ですがやればいい、でも吉本はやらない)
  • 事務所移籍を認める(これが一番現実的)

ちなみに事務所移籍はそう簡単にできるものではなく、難しいそうですよ。

サラリーマンは会社をやめて転職しようと思えば簡単にできますがタレントはそうはいかないんですね。これは初めて知りました。

なので、吉本から出たくても出られないお笑い芸人はたくさんいるでしょう。

また、吉本に6,000人近くの芸人が所属していることも問題。

ビートたけしは闇営業問題に

「そもそも給料を払えないような芸人を抱えているのがおかしいんじゃないの?金払えないなら雇わなきゃいいんだよ」

と言っていて、これ会社なら当たり前のことなんだよな、と吉本興業の雇用形態に闇を感じましたね。

そもそも全芸人の仕事などは誰がどう把握しているのでしょうか?

このような吉本興業の実態を改善しなければ、闇営業はなくならないでしょうね。

まずは、お笑い芸人のためにも、キートンが言うように事務所移籍が認められればいいですね。

まとめ

  1. 闇営業で落ちたお笑い芸人は15人もいる
  2. ナダル・東ブクロはテレビ番組で自白している
  3. 楽しんごや島田紳助も過去に問題を起こしていた
  4. キートンが闇営業についてTwitterでコメントしている
  5. 闇営業をなくすには、事務所移籍を認めることが一番

仕事の本質を考える

報道で明らかになっているお笑い芸人は15人ですが、実際はまだまだいそうです。

スポンサーのイメージを考えれば吉本興業の仕事が減ることが予想されますが、それによって収入が減る吉本所属のお笑い芸人は増えるでしょう。

会社に雇用されているのに十分な給料をもらえない、働いているのに生活が苦しくて家族を十分に養えない。

「お金を稼げない」問題は吉本興業だけでなく、一般のサラリーマン、薄給で仕事をしている人には多いのが事実。

さらに人生40年間を仕事に費やしても、今や年金も満足にらえず老後には2000万円以上の貯金が必要だと言われています。

毎月の生活費は給料日を待たずに消えていくのにどうやって大金を貯金すればいいのでしょうか。

貧乏で「その日暮らし」をする人がいる一方で、極わずかな労力で収入源を確保することができる時代、これができるか出来ないかは、単純に知っているか知らないかの違いだけですね。

現在、私のこれまでの経験を活かし「将来に向けて行動したい人」に向けてメールマガジンを配信しています。

無料で読めます、詳細はこちらをご覧ください。