お金

税金をコンビニ払いでお得に!クレジットカードや電子マネーは使えるの?

毎年訪れる税金の支払いはどのようにしていますか?

もしお得な払い方があるなら、お得な払い方をしたいですよね。

実はコンビニ(セブンイレブン)でクレジットカードと電子マネーを使うと、お得に税金を支払えるのは知っていまいたか?

同じ税金を払うのにわざわざ銀行までクルマを走らせたり、無駄な労力を使って税金を支払ってはいませんか?

そこで今回は、コンビニで税金を支払うとき、クレジットカードや電子マネーは使えるのか?お得な支払い方法について紹介します。

税金はこれからも定期的に支払いタイミングがあるはずのなので要チェックです。

税金の支払いにはどんな方法がある?

税金の支払い方法には5種類の税金支払方法があります。

  1. 指定した金融機関の預貯金口座から振替納税する
  2. インターネット等を利用して電子納付する
  3. クレジットカードで納付する
  4. コンビニで納付する
  5. 金融機関や税務署で現金納付する

②「インターネット等を利用して電子納付する」と

③「クレジットカードで納付する」の違いを見てみましょう。

②の「インターネット等を利用して電子納付する」は、インターネットバンキングやATMから納税したり、事前に登録した預貯金口座から振替により納税をする方法です。

③の「クレジットカードで納付する」は、インターネットを利用して「→国税クレジットカードお支払いサイトから納税する方法です。

このとき、税金の金額によっては決済手数料がかかるので注意してください。

納税の仕方はいろいろありますが、全部を把握している人は少ないはず。

自分に合った税金の支払い方を見つけて、納税期間を過ぎないようにしましょう。

コンビニで納付する方法

毎日のようにコンビニで買い物をする人にとっては一番手軽なコンビニで納付。

税金は手間がかかるから気づいたら納期がギリギリで大慌て!なんてよくありますよね。

クレジットカードは使えない?電子マネーは?

税金をコンビニで納付する場合、2019年1月以降、自宅でコンビニ納付用QRコードを作成して納付することになりました。

コンビニで税金を支払うポイントがこちら↓

  • 利用可能税目:すべての税金
  • 利用可能額:30万円以下
  • 利用可能なコンビニ:
    ローソン、ナチュラルローソン、ミニストップ(いずれもLoppi端末設置店舗のみ)、ファミリーマート(Famiポート端末設置店舗のみ)、セブンイレブン
  • 手数料:不要
  • 領収証書:発行されない
  • その他:コンビニの窓口での納付にクレジットカード、電子マネーはご利用できません

コンビニで税金を支払うとき、クレジットカード・電子マネーは使えず現金のみなので注意してください。

でも、セブンイレブンだけはnanacoでの支払いが可能です。

ということで、セブンイレブンでnanacoを使ったお得な税金の支払い方法を紹介します。

もう一度言いますが、セブンイレブン以外のコンビニは現金だけです!

税金をセブンイレブンでnanacoを使うとお得

注意してほしいのが、nanacoで税金を支払ってもポイントはつきません

では、どうしてnanacoで払うのがお得なのかというと…

nanacoのチャージにクレジットカードが使えるから

nanacoチャージをクレジットカードですることでポイントがもらえますよね。

だから、セブンイレブンでnanacoを使って税金を支払うとお得なんです!

税金をnanacoで支払う方法

  1. クレジットカードからnanacoにチャージをする
    ※チャージでポイントがもらえる
  2. セブンイレブンで税金をnanaco払いにする
    ※ポイントはもらえない

たったこれだけなので簡単ですよね。

クレジットカードで支払うときのように決済手数料はかかりません。

でも、注意してほしいのはnanacoへチャージするときに、クレジットカードによってはポイントがつかない場合もあるということです。

ポイントがつく代表的なカードは、

  • リクルートカード年会費無料、還元率1.20%
  • Yahoo!JAPANカード:年会費無料、還元率0.50%
  • セブンカード・プラス:年会費無料または540円、還元率0.50%

これらのカードを利用している人は、nanacoでの納税がお得です。

年会費無料のカードもあるので、セブンイレブンをよく利用する人はこの機会に発行することをおすすめします。

まとめ

  1. 税金の支払い方法には5種類ほどある
  2. コンビニで納税する場合、コンビニ納付用QRコードを作成する必要がある
  3. コンビニの窓口での納付にクレジットカード、電子マネーは利用できず現金のみ
  4. でも、セブンイレブンだけはnanacoでの支払いが可能
  5. nanacoで税金を支払ってもポイントはつかない
  6. nanacoチャージをクレジットカードですることでポイントがもらえる
  7. だから、nanacoでの納税がお得
  8. ポイントがつかないクレジットカードもあるので注意
  9. おすすめなのは年会費無料、還元率1.20%のリクルートカード

今後を考える

コンビニで納税できるのは知っていましたが、クレジットカードや電子マネーが使えないのはなんとも不便ですね。

ポイントカードのポイントもつかないなんて・・税金はとにかくお金だけが取られる仕組みなのです。

QRコードを作って、セブンイレブンに行ってnanacoで納税すればクレジットカードのポイントもつくし少しはお得にはなりますが、家計にとって微々たるもの。

消費税についても3%は遠い昔、あっという間に消費税は10%に増税。

そして今後の日本経済を考えれば、この先も税金は右肩上がりで高くなり、待てど暮せど増えない給料と反比例して税金ばかり取られる予感をひしひしと感じます。

老後は2000万円の貯金が必要と言われていますが、まさか税金も支払うのがいっぱいいっぱいで貯金なんてできない!なんて状況ではありませんか。

20代、30代は特に今後の将来に備え、安心できる新たな収入源をイチ早く確保しておくことが鍵となります。

そうした方に向けて、現在私はこれまでの経験を活かし「今後を見据えて行動したい方」へメールマガジンを無料配信中です。

詳しくは以下を今すぐお読みください。