子育て

児童手当の金額!総額いくらになる?所得制限や2人目、3人目で変わるの?

毎年6月、10月、2月に通帳に振り込まれる児童手当ですが、その支給金額はしっかり確認していますか?

また、児童手当は総額約200万円と言われていますが、子供の生まれた月によって変わってきます。

そこで今回は、「総額いくらなのか」「所得制限とは」「2人目3人目になると変わってくるのか」などの児童手当の金額についてまとめていきます。

調べてみると、生まれた月によって大きな差額があることがわかりました。

ぜひ、今後の児童手当の支給額について、子育て世代のあなたはチェックしてみてください。

そもそも児童手当とは?

まずは、児童手当について簡単に説明したいと思います。

児童手当【目的】

  • 家庭等の生活の安定に寄与する
  • 次代の社会を担う児童の健やかな成長に資する

児童手当【支給対象】

中学校終了までの国内に住所を有する児童
(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)

児童手当【月額】

  • 0~3歳未満 一律15,000円
  • 3歳~小学校修了まで 第1子、第2子:10,000円(第3子以降:15,000円)
  • 中学生 一律10,000円
  • 所得制限以上 一律5,000円(当分の間の特例給付)

※「第3子以降」とは、高校卒業までの養育している児童のうち3番目以降をいいます。

児童手当【支給時期】

毎年6月、10月、2月に、それぞれの前月分までの手当を支給。6月の場合は、2~5月分です。

→児童手当とは|いつからいつまで?いくら?【超わかりやすく説明します】

児童手当の金額!総額いくらになる?

まずは、所得制限などが関係ない家庭の第1子の児童手当の総額について見ていきたいと思います。

先ほど紹介しましたが、児童手当の支給対象は、「中学校終了までの国内に住所を有する児童(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)」です。

また、0~3歳未満は一律15,000円、3歳~小学校修了と中学生が一律10,000円となっています。

では、さっそく計算してみましょう。

誕生期間金額期間金額
4月生まれ3歳~小学校修了1,200,000円中学生360,000円
5月生まれ3歳~小学校修了1,190,000円中学生360,000円
2月生まれ3歳~小学校修了1,100,000円中学生360,000円
3月生まれ3歳~小学校修了1,090,000円中学生360,000円
  • 0~3歳未満の合計金額:525,000円

見てわかるように、児童手当の総額に関係してくるのは、生まれた月ということになります。

このことから、児童手当の総額は以下の通りになります。

  • 4月生まれの子:208万5,000円
  • 5月生まれの子:207万5,000円
  • 6月生まれの子:206万5,000円
  • 7月生まれの子:205万5,000円
  • 8月生まれの子:204万5,000円
  • 9月生まれの子:203万5,000円
  • 10月生まれの子:202万5,000円
  • 11月生まれの子:201万5,000円
  • 12月生まれの子:200万5,000円
  • 1月生まれの子:199万5,000円
  • 2月生まれの子:198万5,000円
  • 3月生まれの子:197万5,000円

4月生まれと3月生まれでは、児童手当が11万円も変わってくるんですね。

結果:約200万円の児童手当が支給されることがわかりました。

児童手当の金額!2人目、3人目はどうなる?

児童手当の月額を確認すると、子供の人数に関わってくるところは、

「3歳~小学校修了まで 第1子、第2子:10,000円(第3子以降:15,000円)」です。

なので、2人目の場合は1人目と同じ計算になります。

計算がちょっと難しくなってくるのが3人目以降です。

0~3歳未満の合計金額は525,000円と変わりありませんし、中学校の3年間も360,000円ですが、3歳~小学校修了までが15,000円になります。

また、「第3子以降」とは高校卒業までの養育している児童のうち3番目以降なので、1人目や2人目と年齢差があると、3人目でも第1子または第2子とカウントされる場合もあります。

【例1】1人目・2人目・3人目(4月生まれ)がそれぞれ2歳差だった場合

3人目が小学校6年生の時、1人目は高校1年生、2人目は中学2年になるので、3人目は小学校修了まで第3子としてカウントされます。

なので、3人目の3歳~小学校修了の合計金額は1,800,000円なので、

児童手当の総額は、268万5,000円になります。

それぞれが3歳差であっても同様です。

また、1人目と2人目が2歳差、2人目と3人目が4歳差でも同じことが言えます。

【例2】1人目と2人目が3歳差、2人目と3人目(4月生まれ)が5歳差だった場合

3人目が小学校5年生の時、1人目は19歳、2人目は高校1年になるので、3人目は小学5年生以降は第2子としてカウントされます。

なので、3歳~小学校4年生が144万円、小学校5・6年生が24万円なので、

児童手当の総額は、256万5,000円になります。

ここでは、第3子が4月生まれの場合を計算しましたが、5月生まれなら15,000円を、3月生まれなら16万5,000円を引くようにしてください。

児童手当の金額!所得制限とは?

手当を受け取る人の扶養人数によって所得制限限度額が設定されています。

  • 扶養なし 所得額622万円、収入額833.3万円
  • 扶養1人 所得額660万円、収入額875.6万円
  • 扶養2人 所得額698万円、収入額917.8万円
  • 扶養3人 所得額736万円、収入額960万円
  • 扶養4人 所得額774万円、収入額1002.1万円
  • 扶養5人 所得額812万円、収入額1042.1万円

私が住んでいる地域のホームページでは、「所得額=所得−80,000円−諸控除」とありましたので参考までに。

→児童手当の所得制限は不公平?共働きは要注意!扶養人数のカウント

前年の所得が所得制限限度額以上だと、児童手当は支給されなくなり、特例給付として一律5,000円支給されます。

児童の年齢や第3子に関係ないので注意してください。

まとめ

  1. 支給対象は、中学校終了までの国内に住所を有する児童
  2. 0~3歳未満 一律15,000円、中学生 一律10,000円
  3. 3歳~小学校修了まで 第1子、第2子:10,000円(第3子以降:15,000円)
  4. 第1子の場合、4月生まれで208万5,000円、3月生まれで197万5,000円
  5. 4月生まれと3月生まれでは、児童手当が11万円も変わる
  6. 2人目の場合は1人目と同じ計算になる
  7. 「第3子以降」とは高校卒業までの養育している児童のうち3番目以降をいう
  8. 年齢差があると、3人目でも第1子または第2子とカウントされる場合がある
  9. 3人目の最大総支給額は268万5,000円
  10. 3人目の場合、4月生まれと3月生まれでは16万5,000円も変わる
  11. 手当を受け取る人の扶養人数によって所得制限限度額が設定されている
  12. 所得制限限度額以上だと、特例給付として一律5,000円支給される

児童手当だけに頼らない

児童手当の総額は子供の生まれた月にもよりますが、約200万円支給されることがわかりました。

児童手当は教育資金にする家庭も多いことでしょう、ただし児童手当も計画的に貯めていかないと、普段の生活費の一部になってしまい、気づいたら使ってしまった、なんて事になりかねません。

子供の将来のため、普段の通帳とは別の通帳に貯めるのも手ですね。

また、児童手当は申請が遅れたり、現況届を出し忘れると受け取れなくなってしまいます。なので、申請方法などは十分に確認してください。

あと、給料が少ない場合、どうしても国からの児童手当に頼ってしまう、そんな部分がありませんか?

今月苦しかったけど「児童手当が入ってラッキー!」なんて経験が有る方は要注意。

税金が増税されるように、児童手当の額がいつ減らされるのか、突然支給がなくなってしまう事も長い目でみると考えておく必要があります。

そんなときのために、給料が少ない家庭では新たな収入源を確保しておくことが重要です。

私はこれまでの経験を活かし、子供の将来のために家計を少しでも楽にしたい方に向けて、誰でも実践できるメルマガを完全無料で配信しています。

ぜひ以下をごらんください。